Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

また「税金」ムダ使い? 総務省が電波利用料を野球観戦やメンタイコ作りに使用

  2008/06/03 11:18

 総務省が、携帯会社などが国に収めている電波利用料を、職員の野球観戦やメンタイコ作りに充てていたことが、6月3日の朝日新聞朝刊で報じられた。

 電波利用料とは、電波がより適正に利用されるよう、その調査や対応業務を行うため、携帯電話会社などが国に収めているもの。携帯電話なら1台あたり420円を企業が負担しており、2006年度は総額で660億円弱にも上る。総務省はこの一部を、職員の野球観戦やメンタイコ作りに使っていたという。

 電波利用料制度については、電子情報技術産業協会(JEITA)が「免許を要しないレベルの小電力無線システムの活用は今後期待が大きい“ユビキタス・ネットワーク社会”の実現へ向けて必須であり、その自由な利用の保障が不可欠」とその制度を疑問視するなど、IT産業の発展の妨げになりかねない、との意見もある。

 「電波の適正な利用の確保」を目的に導入された電波利用料が適正に使用されているか、企業も個人も負担を強いられているだけに、より厳しい監視が必要であろう。

【関連URL】
総務省電波利用ホームページ
電子情報技術産業協会(JEITA)プレスリリース「第9回世界半導体会議(WSC)の結果について」

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5