SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

IBM Rationalが開発イベント【Innovate2012】開催
「開発の力をビジネスの価値へ」

IBM Rationalによるソフトウェア開発にフォーカスした年次イベント「Innovate2012」が10月30日に開催される。今年は「開発の力をビジネスの価値へ」をテーマに、「ビジネスに貢献するソフトウェア開発」に向かうための最新情報が提供される。見どころは「デリバリーの加速」に関する技術セッションの数々である。

 

【Innovate2012 】

 ・日時 :2012年10月30日(火)10時~18時(受付開始 9時30分)

 ・会場:ロイヤルパークホテル(東京・水天宮前)

 ・主催:日本アイ・ビー・エム株式会社

 ・参加費:無料(事前登録制)

 ・詳細・参加申込はこちら

  ※本イベントの参加登録には特別ご招待・ご案内番号が必要です。
    お申し込みページ「特別ご招待・ご案内番号」欄に【92402】とご記入ください。

Next Now  ( 次に取り組むべきこと。今すべきこと )

 今年で8回目を迎える IBM Rationalのカンファレンス「Innovate 2012」では Next Now (次に取り組むべきこと。今すべきこと)がテーマ。IBMはRationalを統合して以来、一貫して開発の生産性や効率性を追求してきたが、そこからさらに次なる「ビジネス価値としてのソフトウェア」というテーマに向かうというのが今回のメッセージだ。

 ソフトウェア開発のイベントであるが「Innovate」というタイトルに象徴されるように、現場開発者やエンジニアに限定されたものではない。ソフトウェア開発が、ビジネスの成長性に大きく寄与するという視点を、マネジメント層やビジネスリーダーにも伝えたいという意図がうかがえる。

 午前の部では、「Next Now」のテーマを提唱するキーパーソンが登場する。まず基調講演では「次に取り組むべきこと、今すべきこと。"Accelerated Delivery"」と題してIBM ラショナルの事業部長 渡辺 公成氏が登壇し、その後スペシャル・トーク「デリバリー力をビジネスの価値へ ─企業競争力の強化を支えるために必要なソフトウェア開発のあり方」がおこなわれる。

 IT分野から社長になった東京海上日動システム 代表取締役社長の横塚 裕志氏、ビッグデータやクラウド活用の先進企業のリクルートのITリーダー 米谷 修氏のクロストーク。モデレーターをつとめるのはPublicKeyの新野 淳一氏。企業ITの動向と技術の両面で今、シャープな論稿を展開する各氏の議論に注目したい。

 セッション詳細はこちら

「デリバリーの加速」のための技術セッション

 IBM が提唱している「デリバリーの加速」。これは、ソフトウェアがビジネスに貢献するために、開発だけでなく、企画(事業部門)、運用を含め、ソフトウェアが稼働するまでの全体の期間を迅速化することを意味しているという。午後5トラックで行われるセッションでは、開発コラボレーション、アプリケーションのポートフォリオ管理、アジャイルやテスト技術といった、開発の現場のマネジメントの課題を網羅した内容となる。セッション・コンセプトは以下の通りとなる。

 ・DevOps ─ クラウド時代の開発と運用の連携のありかた

 ・モバイルアプリケーションの開発管理

 ・コラボレーティブなライフサイクル管理による生産性・品質向上

 ・ポートフォリオ管理による、プロジェクト投資最適化へのアプローチ

 EnterpriseZineでは、今年の米国フロリダ州 オーランドで開催された「Innovate2012」についてもレポートした。米国では、Rationalソフトウェアによって、大幅なコスト削減や生産量の増大、開発スピードや品質の向上、リードタイムの短縮などを実現させ大きな成果を上げている数多くのユーザー事例が紹介されたが、日本でも数多くの企業の事例が紹介されることだろう。

 エンタープライズITから組み込み関連まで、開発課題を網羅したInnovate2012への参加をお勧めする。

 詳細・参加申込みはこちら

今年5月に米国フロリダ州オーランドで開催されたInnovate2012
今年5月に米国フロリダ州オーランドで開催されたInnovate2012

【関連記事】
ビジネスを変革するソフトウェア主導のイノベーション ―IBM Rational「Innovate 2012」レポート
アジャイル開発の大規模適用事例など公開、Innovate 2011 Japan開催
Innovate2011 で公開されたソフトウェア開発のイノベーション

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4209 2012/09/13 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング