Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ビッグデータの価値を最大化すると同時に、企業の競争力を強化し、生産性向上を支援 インフォマティカ、「Informatica Platform」の最新製品群「Informatica 9.5」を発表

  2012/10/31 18:00

インフォマティカ・ジャパンは、Return on Data(データから最大限の価値を引き出す)というコンセプトを元に作られた「Informatica Platform」の最新の製品群、「Informatica 9.5」を発表した。
 

「Informatica 9.5」は、ビッグデータの価値を最大化すると同時にデータに関するコスト削減することで、企業の競争力を強化し、生産性の向上を支援するとしている。

「Informatica 9.5」は、次のような製品で構成されているという。
「PowerCenter」
「PowerExchange」
「Data Replication」
「Data Quality」
「Data Services」
「Data Explorer」
「B2B Data Exchange」
「Informatica MDM」
「Application ILM」

発表によると「Informatica 9.5」の主な特徴は次のとおり。

・ビッグトランザクションデータ
 「Informatica Universal Data Replication」「Informatica Ultra Messaging」「PowerExchange」などの製品が提供する各種連携手法により、企業に蓄えられたトランザクションデータをHadoopなどのビッグデータを処理する環境に低コストかつ迅速に連携。

・ビッグインタラクションデータ
 インタラクションデータで代表的なソーシャルデータに対して、 顧客のソーシャルプロファイルと既存の顧客マスターデータを統合するソーシャルMDM(マスターデータ管理)を実現し、顧客維持率と顧客内シェアを高めることが可能。

・ビッグデータ処理
 Hadoop用の統合開発環境によって、Hadoopに慣れていない開発者でも簡単に活用可能。また、複雑なデータ形式変換の開発を促進するHadoop環境のネイティブ変換により、Hadoop環境上での開発期間を短縮し、ビジネス価値を手にすることが可能。

■「Informatica 9.5」の詳細
http://www.informatica.com/jp/vision/release/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5