EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

004 11g R2 RAC データベースへの接続フェイルオーバーとロードバランシング

edited by DB Online   2013/03/01 00:00

第3回目は、11g R2 で導入されたポリシー管理型データベースと Single Client Access Name(SCAN) についてお伝えしました。 Oracle RAC は高い性能と高可用性を得るために、負荷分散と障害発生時に別のインスタンスへ再接続する機能が提供されています。しかしながら、これらの利点を享受するにはサーバー・サイドだけでは実現できず、クライアント・サイド機能の連携も必要となります。第4回目では、この高い性能と高可用性を得るために必要な接続フェイルオーバー、ロードバランシングなどのクライアントから RAC データベースへの接続に関わる機能と、SCAN導入により改良されたクライアント・サイドにおける接続設定について説明します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 岡野 平八郎(オカノ ヘイハチロウ)

      株式会社 コーソル Oracleサポートグループ   2004年に新卒で独立系ソフトハウスへ入社。約4年間、大手製造業向けのシステム保守部隊にて、主にDB2、 SQL Serverの運用管理者として活躍した。次第に保守フェーズ以外の経験を積んでみたいと考えるようになり、経験を活かしながらスキルアップできる環境があり、行動指針にも共感できたコーソルへ、2006年4月に転職した。現在は、サポートアナリストとして、お客様への技術支援を行う傍ら、チームの「ご意見番」として、蓄積した技術や対応スキルなどを惜しみなくメンバーへ伝えている。   ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g(2011年5月取得)、Oracle Database 11g: Real Application Clusters Administrator Certified Expert(2012年10月取得)など、保有資格は多数。   趣味はアコースティックギター。様々な曲をギター 1 本で演奏するソロギタースタイルに傾倒。最近はお気に入りの曲を自らアレンジし、楽譜作成に挑戦中。  

バックナンバー

連載:目指せリア充!コーソル流 RAC 活のススメ ~シングル卒業~
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5