SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

間違いだらけのサイバー攻撃対策

米国防総省の次にサイバー攻撃を受けているのはマイクロソフト?

■第1回


新連載「間違いだらけのサイバー攻撃対策」は、日本マイクロソフトで情報セキュリティに携わる複数のメンバーで執筆していきます。昨今の高度化したサイバー攻撃に備えるためには、実効性のある対策を正しく計画し、きちんと実装・運用していく必要があります。そのためには、技術的に確かな知識が重要であるのはもちろんのこと、実現可能であり、安定して運用可能であることも考慮しなければいけません。第1回目は、本連載の目的とサイバー攻撃への危機感についてご紹介します。

高度化した「サイバー攻撃」に備えるために必要なこと

 本連載「間違いだらけのサイバー攻撃対策」は、日本マイクロソフトで情報セキュリティに携わる複数のメンバーで執筆していきます。情報セキュリティ担当という属性は各メンバー共通ですが、全員異なる部署に所属しており、組織横断プロジェクト的に連載を進めていきます。

 連載に先立ち、ごく簡単にメンバーのプロファイルを紹介しておきます。「世界各国の情報セキュリティの状況や業界の動向をウォッチする者」、「お客様とのビジネス上の接点を深く持つ者」、「トラブル時、ここ一番のサポートをする者」、「情報セキュリティのアセスメントや計画・設計を支援する者」など、同じ情報セキュリティを担当するといってもその活動はバリエーションに富んでいます。

 昨今の高度化したサイバー攻撃に備えるためには、実効性のある対策を正しく計画し、きちんと実装・運用していく必要があります。そのためには、技術的に確かな知識が重要であるのはもちろんのこと、実現可能であり、安定して運用可能であることも考慮しなければいけません。言い換えれば、技術だけでは決して課題解決することはなく、プロセス、人・組織などがバランスよく機能しないとせっかくの技術が効果を発揮することができません。まさに総合的なアプローチが必要になります。

 今回このような課題も意識し、日本マイクロソフト各部門の情報セキュリティ担当者が参加することで多角的な視点の情報発信を目指していきます。

次のページ
米国防総省の次にサイバー攻撃を受けているのはマイクロソフト?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
間違いだらけのサイバー攻撃対策連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高橋 正和(タカハシ マサカズ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

香山 哲司(カヤマ サトシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5031 2013/08/26 18:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング