SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

重いアンチウィルスさらば!フルクラウドのWEBROOTが注目されている

 「大切なのはわかってはいても、重くて面倒」のが、端末のセキュリティ対策ソフト。そんな中、米国では歴史あるセキュリティソフトを差し置いて、発売から若干2年という新しいセキュリティソフトが注目を集め、既にトップシェアを獲得しているという。”フルクラウド型”の「エンドポイント・セキュリティ」という、新しいアーキテクチャがもたらすものとは何か。選ばれる理由について分析する。

米国では新スタンダード、ウェブルートの「セキュアエニウェア」

ウェブルート株式会社 代表取締役社長の伊藤誉三氏
ウェブルート株式会社
代表取締役社長 伊藤誉三氏

 日本では有名なセキュリティソフトを押しのけ、米国のベンチマーク調査*で個人向け、法人向けの両部門で第1位に輝いた「ウェブルート」をご存知だろうか。日本での知名度はまだ十分とはいえないものの、米国では既にセキュリティ製品市場の注目株。その理由はクラウド型なので、従来のアンチウイルスの重さから脱却できる点にあるようだ。

 ウェブルートはこれまで個人消費者を対象にしたセキュリティソフトを中心に事業を展開してきた。2年前に発表された「セキュアエニウェア」は多くのユーザーに受け入れられ、2013年4月には米国で37.5%というトップシェアを獲得している。Amazonでも5段階評価中4.6の高評価を獲得し、2013年7月現在で昨年比136%と売上も絶好調だ。

ビジネスセキュリティ部門総合1位
ビジネスセキュリティ部門総合1位

 そして、個人向け以上に注目を集めているのが、ビジネスエンタープライズ向けの製品「ウェブルート セキュアエニウェア エンドポイントプロテクション」である。 

 ウェブルート株式会社 代表取締役社長の伊藤誉三氏によると「2013年の売上は昨対173%、中でもSMB(中堅中小企業)向けで昨対200%、対象となるエンドポイントは昨対315%と売上が伸びている」という。まさに急成長するSaaS企業の中でも最も成長著しい企業の1つといえるだろう。

 こうしたウェブルートの躍進の原動力となっているのが、フルクラウドの「エンドポイント・セキュリティ」という新しいアーキテクチャだ。

 以前から端末のセキュリティ対策が必要であることは指摘されてきたが、特に「エンドポイント・セキュリティ」の重要性は高まるばかりである。ウイルスや大量のパケットをネットワークに送りつける「いやがらせ型」に加え、端末をターゲットに個人情報などお金になる情報をこっそりと盗み出す「実益型」が急増するなど、攻撃の形態が大きく変化している。ネットワーク以外にもUSBやモバイルなどからの感染も報告されており、外部との接点をゲートウェイで守るだけではなく、一台一台の「エンドポイント・セキュリティ」が欠かせない。

 しかし、攻撃手法の複雑化によって、製品には多彩な機能が求められるようになった。結果、使用リソースが大きく膨らみ、インストールなどに手間や時間がかかるだけでなく、機能干渉やコンピュータへの負荷増大など、様々な問題が生じている。さらに企業においては膨大なエンドポイントの管理に対する負担も大きい。つまり、多くのユーザーにとって、そして管理者にとって、セキュリティ対策ソフトは「なくてはならない、だけど面倒くさい存在」になっていたのである。

 ウェブルートの「セキュアエニウェア」は、この問題に取り組んだことで受け入れられたようだ。

次のページ
未知の脅威にも備えた最新の定義データ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5186 2014/10/21 18:56

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング