Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ノベル、OpenStack Havanaベースの「SUSE Cloud 3」を発表

  2014/02/25 16:30

 ノベルは、2月25日、SUSEのエンタープライズ向けプライベートクラウドソリューション「SUSE Cloud」の最新版「SUSE Cloud 3」の提供を開始すると発表した。

 「SUSE Cloud」は、IaaSプライベートクラウド構築に向けた初の企業向けOpenStackディストリビューション。最新版である「SUSE Cloud 3」は、OpenStackのHavanaをベースとし、同プロジェクトのオーケストレーション機能(Heat)およびテレメトリ機能(Ceilometer)をフルサポートしている。

 マルチハイパーバイザをサポートする「SUSE Cloud」は、KVM、Xen、Hyper-Vに加え、このバージョンからVMware vSphereをフルサポートし、柔軟性が大きく向上したとしている。

 これにより、既存の仮想化データセンターを活かしてプライベートクラウドを高いコスト効率で展開可能になる。また、High Availability機能も近日追加リリースされる予定。

 「SUSE Cloud 3」の主なアップデートは次のとおり。

 ・インストールを自動化し、OpenStackのアップグレードを容易に
 Crowbarプロジェクトをベースとしたインストールフレームワークを搭載し、クラウドインフラの管理および展開を自動化。「SUSE Cloud 3」では、このフレームワークにより、OpenStack Grizzlyベースの前バージョンからのアップグレードにも対応可能に。

 ・仮想化への投資を最大限に活用
 大規模にVMware vSphereを導入している企業は、いまや既存の投資を活用しながらOpenStackをベースとした「SUSE Cloud」のエンタープライズレベルの機能やそのオープンさを活用可能に。また、SUSEはVMware NSXによるネットワーク仮想化もサポート。

 ・生産性とリソース効率の向上
 「SUSE Cloud 3」のオーケストレーション・モジュールは、事前に設定したテンプレートに基づき、複数の仮想マシンの制御とコーディネーションを自動化。このオーケストレーションを通じ、特定アプリケーションに必要な、サーバ、フローティングIP、ボリューム、セキュリティグループといったインフラ・コンポーネントを、これらのリソース間の関係とともに識別でき、クラウドのプログラム化された管理を容易に。

 ・プライベートクラウドの利用情報の提供
 テレメトリ機能は、インフラ・リソースおよびユーザによる利用量を計測し、クラウド稼動をメータリングならびにモニタリングを実施。収集したデータは、課金システムに送り込むことができるため、エンドユーザへのサービスを向上させ、パフォーマンスを確保し、クラウドインフラ運用の管理負荷を低減。

 ・クラウドパートナとのエコシステムの拡大
 「SUSE Cloud 3」では、OpenStack Block Storage(Cinder)、OpenStack Networking(Neutron)、そしてこれらのプロジェクトのプラグインモデルをサポート。また、すべてのOpenStack APIをサポートし、クラウド環境におけるパートナーソリューションの展開を容易に。

【関連リンク】
「ノベル」のWebページ

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5