SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

IBM、モバイルアプリケーションの開発と運用を加速するMobileFirst Platformを発表


 IBM InterConnect 2015の2日目はモバイル・デイ、この日の大きな発表となったのが新しくなった「IBM MobileFirst Platform」だ。記者向けの説明会でIBMのエンタープライズ・モバイル バイスプレジデント フィル・バカルー氏は「モバイルがすでに人々の生活の中心になっています」と言う。そしてモバイルが市場の破壊をしており、多くの企業がモバイルで新しい売り上げための道を作っているとも。売り上げだけでなく、社員にもモバイルアプリケーションを渡して、データの文脈を考えた上でビジネスにおける意思決定を支援することができる。

モバイルアプリケーションが企業に新たな売り上げの道を提供する時代

フィル・バカルー氏
フィル・バカルー氏

 企業にとって重要になったモバイル・アプリケーションだが、ある調査では向こう1年間で6つ以上の新たなアプリケーションを作る計画を企業は持っており、85%企業が構築すべきモバイルアプリケーションのバックログを20以上も抱えている。さらに、対応すべきモバイル用のOSが複数あるのも、迅速な開発の妨げになっているとバカルー氏。これらの課題に対応するために提供するのがMobileFirst Platformだ。

 MobileFirst Platformを使えば、セキュアなアプリケーションを容易に構築可能でさまざまなデータソースを統合したパソナライズ化したものを構築でき、それを使って意思決定のサポートとより高度なユーザー体験を提供できるようになる。

 「プラットフォーム化したことで、ユーザーが使いたいものだけを使えます。さらに継続的な開発をサポートして、モバイルアプリケーションの継続的な改善とデリバリーができるようにします」(バカルー氏)

 MobileFirst Platformを使うと、モバイル端末の機能にネイティブに対応するアプリケーションはもちろん、HTML5ベースのもの、ネイティブとHTML5のハイブリッド構成のものと柔軟な対応が可能となる。ネイティブアプリケションの開発については、iOSに特化したものも用意されている。この幅広い対応は、従来提供してきたIBM Worklightが基になっている。

 また、モバイルアプリケーションでデータを活用する部分では、MobileFirst Platformの中で買収したCloudantも活用できるようになっている。これを利用することで、モバイルアプリケーションで発生する大量のデータを効率的に蓄積してすぐに分析してフィードバックを得るような仕組みを作るのも容易になる。

モバイルアプリケーションで極めて重要なセキュリティへの対応

 もう1つ、モバイルアプリケーションを企業が利用する上で重要になるのがセキュリティだと指摘するのは、IBM モバイルマネジメント&セキュリティのバイスプレジデント ケレブ・バーロウ氏だ。今や犯罪組織がまるで企業がビジネスを行うかのように活動している。そんな中で、モバイルのセキュリティがもっとも懸念されているのが現状だ。

 「モバイルは、犯罪者に新しい道を作るものであり、モバイルアプリケーションを作る際には、最初からセキュリティ機能を入れる必要があります」(バーロウ氏)

 モバイルアプリケーションのセキュリティについては、まったく新しい形で考えるべきであり、それについては企業の側で強固な対策をとる必要があるとも言う。IBMでは、ビジネスで必要となる信頼性を確保するためにモバイルセキュリティに投資しているとのこと。

 堅牢で安定性の高いモバイルアプリケーションの開発のところは、MobileFirst Platformの中でWorklightのアシュアランス機能やRationalのテストツールの機能が利用できる。またMobileFirst Platformのセキュリティ管理のところに新たに加わったのが、モバイル端末管理ソリューションだ。従来のMaaS360の機能を取り込んでそれをさらに拡張しており、不正的なパターンの発見、デバイスやコンテキストに基づいたアクセスコントロールなども可能になっている。

 これらにより、構築するアプリケーションの堅牢性を高めるたけでなく、アプリケーションを利用するモバイル端末そのものをセキュアに運用管理できるようにすることで、個人情報の漏洩などの事故対策についても包括してMobileFirst Platformで管理できるようになる。

次のページ
ネットワークにもコグニティブの価値を提供する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6610 2015/02/25 16:38

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング