SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DBオフライン

SQL標準にまつわる濃ゆい話 ―第1回DBオフライン


第2回DBオフラインやります。
「Dr.SQLに聞くSQLの歴史とこれから ― え、SQLはすでにNoSQLだったの!?(後編)」

今後の潮流はどこへ向かうのか?

会場(野間):ところでSQLX(SQL/XML)は今後力を入れていく対象になるのでしょうか?これまでXMLの波は2回位ありましたが。

土田:盛り上がり具合によります。データ交換の規約としてはXMLが使われているのは確かです。交換データをそのままアプリケーションでも使えるように、つまり開発生産性向上のためアプリケーションでもXMLを使えるようにと考えられていました。しかし通信でXMLで飛んできてもJavaにマッピング、押し込められてしまいます。結局O/RマッパーでJavaのクラスもリレーショナルにマッピングされるのが実態かと。

谷川:O/RマッパーからXMLなど、もう単独で売れているのは少ないですよね。次はHadoopかもしれませんが。

土田:ファイルというのはライブデータ。一方、データベースは業務データ。現場で発生するデータでまだ整理されていないもの。それを見たいという要望があります。両者のつなぎというのは大事で、SQL on Hadoopが話題になっています。

谷川:いまHadoopの実装でSQLインターフェースがないものなんてないですよね。Hadoop関連のSQLは次のSQL2016に盛り込まれるでしょうか?

土田:Hadoopという形になるわけではありませんが、呼び出しの形として検討しています。

谷川:次回用のネタにとっておきますか。ところで今後の潮流としては何があるでしょうか?

土田:実は私が関わった当時からあるのですが、時間軸を意識した問い合わせです。

谷川:さかのぼって問い合わせをする?

土田:実はアメリカとイギリスの両方で提案が競合していて、結局イギリス系が残ったものの実装があまり進みませんでした。アメリカが主張していた仕様の方が実務でのニーズが高かったのです。データウェアハウスの発想に近いです。結局、時間軸を意識した仕様を最初に実装したのはIBM DB2で、オラクルなら「フラッシュバッククエリ」に相当します。

谷川:結構前から提案はあったんですね。

次のページ
SQL標準ってもうNoSQLだよね

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DBオフライン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:http://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6629 2015/03/06 18:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング