Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SRA OSS、透過的データ暗号化機能を搭載した「PowerGres Plus V9.4」を販売開始

2015/12/24 14:00

 SRA OSSは、オープンソースデータベースの「PostgreSQL」に透過的データ暗号化(TDE)機能を搭載し、信頼性とセキュリティ機能を追加した「PowerGres Plus」の最新版「PowerGres Plus V9.4」の販売を開始した。

 「PowerGres」は、「PostgreSQLをより使いやすく」「PostgreSQLをより安心して使う」「PostgreSQLに安心のサポートを」をコンセプトに、SRA OSSが開発・販売するデータベース製品で、「PowerGres Plus V9.4」は、「PostgreSQL 9.4」をベースとしている。

 「PowerGres」は、シングル構成、レプリケーション構成、HA構成などに対応したさまざまなラインアップを提供している。その中でも、「PowerGres Plus」は、「PostgreSQL」にはない機能を補完した機能的ハイエンドの製品に位置づけられる。

 「PowerGres Plus V9.4」は、透過的データ暗号化(TDE)を中心とした機能拡張がされており、データベースのセキュリティ要件が高いシステムに、最適なコストパフォーマンスでの導入を可能にするという。  「PowerGres Plus V9.4」の特徴は次のとおり。

 ・使いやすく、パフォーマンスに優れた、透過的データ暗号化(TDE)機能

 業界標準の強力な暗号化アルゴリズムAESを用いて、データベースに格納するデータやバックアップデータ、トランザクションログ、一時ファイルを暗号化可能。データは自動的に暗号化、復号されるため、アプリケーションが暗号化を意識する必要がない。

 また、Intel Xeonプロセッサの5600番台以降に搭載されたAES-NI命令を活用し、暗号化と復号のオーバヘッドを極小化しているため、パフォーマンスの劣化を極小化。近年では、「PostgreSQL」の拡張機能等でもいくつかの暗号化ソリューションがあるが、アプリケーションとの親和性、パフォーマンスの点で、「PowerGres Plus」の透過的データ暗号化(TDE)は、より大きなメリットをもたらすという。

 ・Webベースの管理ツール

 「PowerGres」には、オリジナルの管理ツールが付属。Webベースの管理ツールで、初期設定、起動・停止、パラメータ設定、メンテナンス作業、バックアップ・リストア、レプリケーション管理、統計情報のモニタリングなどにより、日々の運用が可能。

 ・24時間365日のサポート

 プレミアムサポート契約により、24時間365日のサポートを受けることが可能。「PowerGres Plus」を、よりミッションクリティカルなシステムで利用する場合に有効。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5