Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アズジェント、メール添付ファイル無害化ソリューションがSMTP利用の全メールサーバに対応

  2016/01/26 12:30

 アズジェントは、同社が販売するメール無害化ソリューション「Secure Data Sanitization for E-mail」(「SDS for Email」)が、Sendmail、PostfixなどSMTPを利用するすべてのメールサーバに対応したことを発表した。

 イスラエルのVOTIRO社が開発したソリューション「SDS」は、ファイルがマルウェアを含んでいるかもしれない「可能性」を重要視し、外部から入ってくるすべてのファイルを無害化(サニタイズ)するセキュリティ製品。

 一般的に、エクスプロイト(脆弱性を利用した攻撃をするためのスクリプトやプログラム)やマルウェアはファイルのメタデータや空ビットスペース、マクロの中に潜んでいることから、これらのデータをチェック、ファイルに不要なデータ部分を削除し、再構築することで、無害化を行うという。

 「SDS for E-mail」は、メールの添付ファイルの無害化に特化した製品で、Word、ExcelといったOfficeファイルはもちろん、PDF、画像ファイルなど、さまざまなファイルの無害化を行う。今までは、連携可能なメールサーバがMicrosoft Exchangeのみであったため、導入可能な環境が限定されていたが、今回、SMTPを利用するメールサーバすべてに対応した。

 「Secure Data Sanitization for E-mail」の特徴は次のとおり。

  • 自動でファイルの無害化処理を実施
  • 業務で用いられるほとんどのアプリケーションのファイルタイプを無害化(Microsoft Officeファイル、PDF、画像ファイル、圧縮ファイル等)
  • Exe等の実行可能ファイルをブロック
  • Flowサーバにオリジナルファイルを残すことで証跡を保存

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5