SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

JAX-RSで実践!JavaでRESTful Webサービス

サービスの構築とコンテキストの取得


連載4回目の今回は、まずJAX-RSを使用してRESTful Webサービスの設計思想に則ったサービスの構築方法を説明します。続いて、JAX-RSにおけるコンテキストの取得方法について、解説します。

RESTful Webサービスの設計思想に則ったサービスの構築

 連載第1回で紹介したように、RESTful Webサービスの設計思想では、サービスを構築する際に『統一インタフェース』のルールを守ることが肝要です。ここでは、データベースにアクセスするWebリソースクラスを作成し、「安全性のルール」や「冪等性のルール」を意識したサービスを構築していきます。

 データベースアクセスには、直接JDBCを使うのではなく、JPA(Java Persistence API)を利用します。JPAは、JavaEE5から導入された標準的なO/Rマッピングフレームワークです。JPAの詳細な解説は、本稿では割愛します。

 アクセスするテーブルは「従業員テーブル」です。従業員テーブルには、EMPLOYEE_ID(従業員番号)、EMPLOYEE_NAME(従業員名)、DEPARTMENT_NAME(部門名)、MONTHLY_SALARY(月給)という4つのカラムがあります。

次のページ
GETメソッド

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
JAX-RSで実践!JavaでRESTful Webサービス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

UFJIS 斉藤賢哉(ユーエフジェーアイエスサイトウケンヤ)

UFJIS株式会社三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の100%出資子会社。銀行、信託、証券、カード・信販、リースなど幅広い金融サービス機能を有する総合金融グループであるMUFGグループ各社の総合金融サービスをIT面から支える金融ITのリーディングカンパニー。斉藤 賢哉UFJIS株式会社、オープンプラットフ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/790 2008/11/12 15:44

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング