Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デル、スケーラブルで高密度な「Dell PowerEdge R830」サーバを提供開始

2016/06/28 15:45

 デルは、大規模サーバ環境を構築する企業が、遠隔地や支社におけるソリューションの要件に対応する第13世代となるPowerEdge 4ソケットサーバ・ポートフォリオのパフォーマンスと機能をアップデートしたと発表した。これにより、新たに「Dell PowerEdge R830」とアップデートされた「Dell PowerEdge R930」が提供される。

 新製品は、ビッグデータとリアルタイム・アナリティクスのパフォーマンス、高密度な仮想化環境を最適化するよう設計されており、「Future-Ready Enterprise(将来を見据えたエンタープライズ)」を志向する企業の需要の柔軟性およびスケーラビリティ、管理性を実現するという。

 「PowerEdge R830」はデータベース・アプリケーション、スケールアウト仮想化、そしてVDI環境向けに設計された4ソケットのラックサーバ。2Uラックサーバのフォーム・ファクターで、これを標準としているメインストリームおよびミッドマーケットの企業に適しているという。

 Dell PowerEdge 4ソケット サーバ・ポートフォリオは、Intel XeonプロセッサE5-4600 v4製品ファミリを搭載した「PowerEdge R830」が追加されたことにより、デルで最も包括的なシリーズとなっているとしている。

 「Dell PowerEdge R830」の主な特徴は次のとおり。

  • スケールアウト仮想化環境およびVDI環境の双方に対し、スケーラビリティ、柔軟性、密度が最適な組み合わせ
  • 4プロセッサと最大48 DIMMメモリまで搭載可能
  • ラック・フォーム・ファクターに標準化された計算またはトランザクション用途のMicrosoft SQLあるいはOracleデータベースを実行する、コンピュート、メモリ、そして全体の優れたコスト・バランスを提供

 また、「Dell PowerEdge R930」サーバは、Intel Run SureテクノロジーのようなIntel XeonプロセッサE7-8800 v4ファミリのパワーと、優れたハードウェアの拡張機能を備え、データベースを酷使するアプリケーションをより速く導入し、簡易にスケールアップを行い、そしてインフラストラクチャやミッションクリティルカルなワークロード・デリバリーの管理をサポートするという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5