EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Pokemon Go、ゲットされたのはユーザーのプライバシーだった?

edited by Security Online   2016/07/14 17:53

 2016年7月、ポケモンの名前がまた、世界中を駆け巡っている。「Pokemon Go」と呼ばれるスマートフォンアプリが世界各国で公開され、大人気であると伝えられている。すでに、全米のAndroidユーザーの5%以上がこのアプリをインストールしていると、ある記事では伝えている。東証一部市場における任天堂の株価はこの1週間のうちに1.5倍以上にもなった。ものすごい影響である。日本市場においても近日中に同アプリが公開されるという予測もあり、筆者同様に、今か今かと待ち遠しく思っている方も多いだろう。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 加藤 尚徳(カトウ ナオノリ)

    株式会社KDDI総合研究所において、情報法制(プライバシー・個人情報等)を中心とした法制度や技術の調査・研究・コンサル業務に従事。また、大学の非常勤講師として、情報法、知的財産法、情報セキュリティに関する講義を担当している。総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻単位取得満期退学、修士(情報学)、神奈川大学および神奈川工科大学非常勤講師、慶應義塾大学SFC研究所上席所員。  

バックナンバー

連載:IoTとプライバシーの問題~つながることの個人への影響~
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5