SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

WatsonがTwitter上の誹謗中傷も防止する―IBM InterConnect 2017が開幕


 米国時間の2017年3月19日、IBMのクラウド戦略を中心に紹介する「IBM InterConnect 2017」が米国ラスベガスで開幕した。20日に行われた最初のゼネラルセッションでは、「クラウド」「データ」「コグニティブ」を統一された一貫性のあるアーキテクチャのもとで提供するとのメッセージが発信された。

IBMはクラウド、データ、コグニティブを統一的なアーキテクチャで提供する

 ゼネラルセッションの進行役としてステージに登場したのは、Twitterのデータおよびエンタープライズソリューション担当バイスプレジデントでゼネラルマネージャのクリス・ムーディー氏だ。Twitterは3月21日に設立から11年を迎え、11年の時を経てパワフルなビジネスプラットフォームに変わった。企業はTwitterの発言から深い洞察を得られるようになり、さらに自分たちの顧客が何を考えているかを読み取ることも可能となった。

クリス・ムーディー氏
クリス・ムーディー氏

 「Twitter自身が経験してきたことをビジネスに提供できるようにもなった。その上、Twitterには極めて大きなオーディエンスがいます。これを利用すれば、ビジネスに大きな貢献ができます」(ムーディー氏)

 企業はTwitterを活用すれば、1to1の顧客対応が容易にできるようになる。自社で独自のモバイルアプリケーションを作ることでも1to1の対応はできるが、良いアプリケーションを作ったとしてもユーザーを集められるとは限らない。Twitterにはすでに莫大なユーザーがいるので、すぐに多くの顧客とコミュニケーションをとれるのが大きな優位性だ。さらにTwitterならばコグニティブも使えるという。

 IBMとTwitterは、2014年にツイートデータの分析サービス領域で提携している。全てのTwitterのデータを取り込んでWatsonで分析することも今では簡単に実現できる。すでにIBMとTwitterはさまざまな取り組みを行っているが、その1つとしてTwitter上の「アビューズ(中傷)行為」を防止する取り組みをIBMと実施している。「Watsonを使いTwitterで発言された言葉のニュアンスを分析し、Twitter上での誹謗中傷の攻撃を見つけ防止します」とムーディー氏。この取り組みは現在テスト中で、来年にはその成果を報告できだろうとのことだ。

 「今日明日のことを考えるのではなく、技術を10年、11年でどう活用できるかを考えましょう。その上で幅広いエクスペリエンスを考慮すれば、無限の可能性が広がるでしょう」(ムーディー氏)

次のページ
ハイブリッドクラウドでは、データを集め容易に知見を引き出す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9071 2017/03/21 13:13

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング