Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

小規模の拠点から大規模データセンター、ハイブリッドクラウドまで VxRailの幅広い実力の深層に迫る

edited by DB Online   2019/09/20 11:00

 近年HCI分野では急速に伸びているVxRail。どのような技術で構成され、どのような強みがあるのかをデル テクノロジーズ VxRail製品開発エンジニアリング シニア・バイス・プレジデント Gil Shneorson氏が解説する。

急速に最新鋭化が進む企業のインフラ 課題はライフサイクル管理

 「ここ3年半ほどで、お客様の現場でいろいろな変化が同時に起きています」と、デル テクノロジーズ VxRail製品開発エンジニアリング シニア・バイス・プレジデント Gil Shneorson氏は言う。

デル テクノロジーズ VxRail製品開発エンジニアリング  シニア・バイス・プレジデント Gil Shneorson氏
デル テクノロジーズ VxRail製品開発エンジニアリング シニア・バイス・プレジデント Gil Shneorson氏

 インフラ運用に関する変化が同時並行的に起きている。3層アーキテクチャ(サーバー・ネットワーク・ストレージ)からソフトウェアデファインドストレージへ、またソフトウェアデファインドストレージからHCIシステムへというように、インフラ最新鋭化の動きがある。同時にオンプレミスからパブリッククラウドやハイブリッドクラウドへ移行する動きもあれば、逆にクラウドからHCI(オンプレミス)へワークロードを戻す動きまである。近年のインフラ周辺をめぐる動きはめまぐるしい。

 Shneorson氏は「こうした動きの中心にあるのはHCIです。HCIは全てのトランスフォーメーションとモダナイゼーション(最新鋭化)のニーズの要石となります」と話す。

 一般的にHCIはインフラ運用の効率化とコスト削減がメリットとされる。Shneorson氏はHCI導入の推進力となる要素について、俊敏性、拡張性、シンプルさを挙げる。俊敏性とは、パブリッククラウドのようなスピード、効率性、経済性をデータセンターにもたらすこと。拡張性とは、小さく始めて簡単に拡張できること。シンプルさとは、ソフトウェアドリブンの自動化とライフサイクル管理で運用をシンプルにすることだ。

 オンプレミスの現場における課題に目を向けてみよう。様々なものがバラバラに更新されていく。例えばハイパーバイザーのソフトウェアや各種ファームウェアなど、毎月のように何らかの更新がある。これらは運用管理者にとって負担になる。

 デル テクノロジーズが提供しているHCI「VxRail」では、こうしたライフサイクル管理の問題を解決している。Shneorson氏は「我々のチームがかなりの時間をかけているのが互換性です。全てのハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアで常に互換性が担保されるように注力しています。そのためお客様は経済的な恩恵も受けながら、ライフサイクル管理に力を割くことなく、本来必要な業務に集中することができます」とShneorson氏は説明する。

 VxRailの設計指針で三本柱としてShneorson氏が挙げるのが「ターンキーの体験」、「ライフサイクル管理」、「高度な差別化」。

 「ターンキーの体験」とは、鍵をひねればすぐに利用可能となるように、必要な機能がすぐに有効になること。言い換えれば柔軟なライセンスだ。「ライフサイクル管理」では、様々な更新を簡単にできるようにした。サポートエンジニアがやるにしても、顧客がやるにしても、最小限の操作でアップグレードできるように保守性を高めている。

 「高度な差別化」とは、デル テクノロジーズ独自の技術をフルスタックで統合し、ネットワーク設定の自動化やライフサイクル管理を実現している。後述するように、高度な分析機能も盛り込まれている。


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:Dell Technologiesセミナーレポート
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5