Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第4回 不況下で成長を続ける米国のハイテク企業はここだ~IMVU・Ooyala・BigFix

  2009/02/23 10:00

日本と同じく未曾有の不況に突入しつつあるシリコンバレーだが、そうしたなかで業績を伸ばしているハイテク企業もある。大量レイオフを行う周囲のIT企業を尻目に受注や顧客が増え続け、不景気などどこ吹く風といった様子だ。

節約志向を捉えたオンラインコミュニティ

 ネットを通じて3D画面越しにチャットやインスタントメッセージができるオンラインコミュニティのIMVU。利用者は200万種類以上のアイテムを使って好みのアバターを作り、仮想空間で世界中の人たちと交流を図ることができる。

オンラインコミュニティのIMVU
オンラインコミュニティのIMVU

 バーチャルワールドとえばセカンドライフを思い浮かべる人も多いと思うが、IMVUはあくまでも3Dとアバターを使ったチャットが中心。セカンドライフと比べて操作は比較的簡単で、友達を見つけたり、交流を図ったりといったコミュニケーションが中心になる。

 同社は昨年のSilicon Valley Technology Fast 50 programに選ばれ、サービスはまだベータ版にも関わらず2004年の設立以来3000万人の登録ユーザーを集めた。利用は無料だが、バーチャルプロダクトを購入するために通貨を購入する必要がある。こうした収入基盤を通じて、月間売上げは100万ドルを越えた。

 2008年四半期の売上げはすべて上向きで、今年に入ってからも順調に成長を続けているという。その1つの理由として考えられるのが、景気が悪くなって人々が家にこもっているからではないかということ。休日にショッピングモールへ出かけて買い物をしていた人たちにその余裕もなくなり、バーチャルショッピングモールで実際の洋服の何分の一かの値段で済むアバター用衣装を買い、楽しんでいるとの分析だ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:シリコンバレーのエンタープライズ事情
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5