Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Microsoft、Windows Server 2008日本語版の新価格体系を発表

2008/01/28 11:16

MicrosoftはWindows Server 2008日本語版の新価格体系を発表した。同時に早期導入キャンペーンも展開する。

 Microsoftは25日、Microsoft Windows Server 2008日本語版の新価格体系を発表した。同時に早期導入キャンペーンも展開する。

 Windows Server 2008は仮想化テクノロジの「Hyper-V」、ネットワーク検疫機能の「Network Access Protection」、新たなコマンドラインシェルである「Windows PowerShell」といった機能を搭載したことにより、新価格を設定する。

 主な価格体系は以下の通り(「CAL」はクライアントライセンスの略)。

  • パッケージ版
    • Windows Server 2008 Standard日本語版(5CAL付)…188,000円
    • Windows Server 2008 Enterprise日本語版(25CAL付)…720,000円
    • Windows Web Server 2008日本語版…85,800円
    • Windows Server 2008日本語版(5CAL)…32,600円
  • ボリュームライセンス版(Open Business L:新規購入の場合)
    • Windows Server 2008 Standard日本語版…140,000円
    • Windows Server 2008 Enterprise日本語版…454,000円
    • Windows Server 2008 Datacenter日本語版…463,000円
    • Windows Server 2008 for Itanium-based Systems日本語版…463,000円
    • Windows Web Server 2008日本語版…77,500円
    • Windows Server 2008日本語版 1CAL…5,500円

 今回の発売にあわせて行われる早期導入キャンペーンでは、ボリュームライセンスが対象となる。期間は2008年8月末までで、主な適用例は以下の通りとなる。

  • Standard版…140,000円→130,000円
  • Enterprise版…454,000円→449,000円
  • 1CAL…5,500円→5,300円

 
【関連リンク】
Microsoft Windows Server 2008日本語版の新価格体系を発表
Windows Server 2008 早期導入キャンペーン!
Microsoft Windows Server 2008 エディション概要

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5