Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HPがインド・ムンバイから「新しいITスタイル」を発表

  2014/07/07 06:00

 HPは新しいITの技術のトレンドとして“New Style Of IT” というコンセプトを掲げている。7月2日にインド・ムンバイで開催された「HP World Tour」の一環である「APJメディアサミット」の初日では、このコンセプトにもとづくHPの新たな製品、サービスとアジア・パシフィック地域の事例が発表された。

トラディショナルITからニュースタイルITへ

 急発展を遂げるインド・ムンバイ。街中は車がひしめき、クラクションの音が絶えず、喧騒とエネルギーの渦巻く都市だ。市街から離れた北部、空港近くのグランド・ハイアット・ムンバイで、HPの発表はおこなわれた。

 HPが今回の発表で繰り返し提唱するのは「New Style Of IT」。現在のITの重要分野である、ビッグデータ、モビリティ、アナリティクス、セキュリティを企業のイノベーションのエンジンと捉え、戦略とロードマップを設定していくことだという。

 「HP自身がこれまで、PC、RISCプロセッサ、プリンター、最近では高密度なサーバーであるMoonshotなど、数多くのイノベーションを生んできた企業。今年75周年を迎え、転換点に立ち、イノベーションのエンジンをさらに強化していく」

 冒頭、そう語ったのはアジア・パシフィック&ジャパンのシニアバイスプレジデントのジム・メリット(Jim Merritt)である。

ジム・メリット
“ジム・メリット”

 もちろん、New Style Of ITと同じようなコンセプトを提唱している企業は多い。IBMのSMACS(Social Mobile Analytics Cloud Security)やIDCの「第三のプラットフォーム」なども同じような考え方だといえるだろう。こうした流れは、エンタープライズITそのものが、従来の企業のサーバー中心のシステムから、インターネットを通じ、より社会とコンシューマーと融和し変化を遂げていることを捉えている。その中でもHPの特色は、多様なハードウェアにフォーカスを置いているところだ。

 ジム・メリットは従来のITからの変化の方向性として、「サイロからハイブリッド」「複雑性から集約性」「CAPEXからOPEX」などのキーワードで整理した。

New Style Of IT
“New Style Of IT”

著者プロフィール

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5