Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第7回 heartbeatを使ってメールのクラスタシステムを構築する

  2008/09/05 11:00

メールサーバを二重化するためには「サーバ間のデータの引継ぎ」「ユーザ認証の引継ぎ」という2つの課題をクリアする必要があります。今回は、メールサーバクラスタの課題を踏まえたうえで、heartbeatを使ったクラスタシステムを構築する方法を解説します。

はじめに

 前回は、DRBDを使ってハードディスクのデータ共有を行うための設定について説明しました。今回は、それを使った具体的な構成事例として、メールサーバクラスタを取り上げます。

メールサーバクラスタの課題

 メールは、ここ最近はコミュニケーションの手段として重大性を増しています。それを管理するメールサーバの重要性も、次第に高くなりつつあります。しかし、メールサーバを二重化するためには、次の2つの課題をクリアする必要があります。

サーバ間でのデータの引継ぎ

 メールサーバでは、受け取ったメールをユーザが読むまでは、サーバ上にメールを保管しなければなりません。また、未送信のメールも確実に相手先に届くように管理する必要があります。

 そのため、障害でサーバが待機系に切り替わっても、それまでに受け取ったメールを引き継ぐことができないと、役に立ちません。したがって、単純にサーバを二台並べて、負荷分散装置などを使う構成では、メールサーバの冗長化を実現したとは言えません。

ユーザ認証データの引継ぎ

 通常のアクティブ・スタンバイ型のクラスタでは、システム部分は二重化されていません。そのため、各システムのユーザは別々のパスワードファイルで管理されています。

 もし、システムユーザへメールを配送するようにメールサーバを設定すると、稼動系と待機系には毎回同じユーザとパスワードを登録していかなければなりません。これは、管理面では非常に面倒になってしまいます。

構成例

 今回は、こうしたメールサーバクラスタの課題を踏まえたうえで、heartbeatを使ったクラスタシステムを構築する方法を解説します。

 サーバ間でのデータの引継ぎは、前回解説したDRBDを使うことで解決します。

 ユーザ認証データの引継ぎについては、LDAPサーバと連携するなど、様々な方法がありますが、今回はDRBD領域上に特別なユーザ認証ファイルを作成して管理する方法について解説します。

今回の構成
今回の構成

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • デージーネット 恒川 裕康(デージーネット ツネカワ ヒロヤス)

    株式会社デージーネット 代表取締役。「より安全で」、「より快適で」、「より楽しい」インターネットの実現をテーマとして、クラスタシステムを使った高信頼サーバの構築、SPAM対策やウイルスチェック対策のためのソフトウェアの開発、携帯サイト向けのシステム開発など、オープンソースソフトウェアを活用した事業を...

バックナンバー

連載:止まらないシステムはLinuxで作る!~オープンソースを活用したHAサーバ構築入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5