SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

止まらないシステムはLinuxで作る!~オープンソースを活用したHAサーバ構築入門

heartbeatとDRBDとPostgreSQLでデータベースのクラスタを構築する

前回は、DRBDとheartbeatを使ったクラスタシステムの2つ目の具体的な構成事例として、Windowsファイルサーバをクラスタ構成にする方法について解説しました。今回は、DRBDを使ったPostgreSQLによるデータベースサーバの構築事例を紹介します。

データベースサーバの冗長性

 データベースサーバは、ネットワークの中でさまざまなデータを共有するためのサーバです。最近では、JavaやPHPなどを使ったWebアプリケーションサーバからデータを参照し、様々な業務やサービスのシステムを作る場合にも使われています。

 こうした用途では、負荷分散装置などを使うことで、フロントのWWWサーバの冗長性や拡張性については比較的簡単に確保することができます。しかし、ハードディスク上にデータを保管するデータベースサーバは、容易に冗長化することができません。そのため、データベースサーバが何らかの原因で停止すると、システム全体が停止してしまうような構成になっていることが非常に多いようです。

 こうした問題に対して、Oracleをはじめとする製品のデータベースソフトウェアでは、データのリプリケーション(複製)の手法を用意したり、様々な分散データベースを構築するための機能を用意しています。しかし、こうした製品は非常に高価であり、容易には使用できません。

 オープンソースのデータベースであるPostgreSQLやMySQLでも、少しずつレプリケーションの技術が導入され、クラスタ化しようという試みが行われています。しかし、こうした機能はまだまだ未完成であり、利用できる用途は限定的です。最近では、pgpoolのようにミドルウェアのレベルで冗長性を確保しようとするソフトウェアも登場しています。

DRBDとheartbeatを使ったクラスタ

 こうしたデータベースサーバにも、heartbeatとDRBDを使ったクラスタの技術を導入することが可能です。この構成では、OSのレベルでデータの複製が保証されますので、データベースソフトウェア側には特別な機能は必要ありません。

 ただし、ネットワークを使ってデータの複製を行うため、書き込み時のパフォーマンスの劣化を避けることはできません。そのため、データベースの性能については十分に考慮する必要があります。

図 今回の構成イメージ
図 今回の構成イメージ

 今回は、この例のようにPostgreSQLを使ってデータベースのクラスタを構築する方法について解説します。

次のページ
ソフトウェアのインストール

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
止まらないシステムはLinuxで作る!~オープンソースを活用したHAサーバ構築入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

デージーネット 恒川 裕康(デージーネット ツネカワ ヒロヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/884 2008/12/08 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング