EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

【第1回】奉行シリーズを中心に、グリーンITに貢献するメッセージを積極発信

  2009/01/15 15:29

 グリーンITと聞くと、サーバーやクライアントの省電力化、コンピュータルームの廃熱対策など、ハードウェア関連の対応が中心というイメージが強いが、ソフトウェアベンダーも、中小・中堅の企業ユーザーでもグリーンITに貢献可能として、積極的にメッセージを発信している。その内容と期待できる効果などについて、株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下、OBC)の担当者にお話を伺った。

ソフトウェアベンダーもグリーンITに貢献できる

株式会社オービックビジネスコンサルタント 開発本部 ICTセンター 主任 宮治朱美氏
株式会社オービックビジネスコンサルタント 開発本部 ICTセンター 主任 宮治朱美氏

 業務ソリューションベンダー大手のOBCは2008年5月、温室効果ガスの削減を目指すコンソーシアムのClimate Savers Computing Initiate(CSCI)にアソシエートとして参加した。

 同社の開発本部ICTセンター主任の宮治朱美氏は「当初、グリーンIT関連では主にハードウェアメーカーの取り組みが注目されており、私どものようなソフトウェアベンダーがかかわることは、すぐにはないと考えていました」と語る。

 ところが、アプリケーションを最新のCPUに最適化する作業などにおいて協業しているインテルから「グリーンITはハードウェアだけでは実現しない」という話があった。

 そこで自社のアプリケーションである奉行シリーズを通しても何かメッセージを発信することができるのではないか、と開始した取り組みの一環が、インテルとグーグルが中心になって設立されたCSCIへの参加というわけだ。

 OBCは、テレビCMでおなじみの「勘定奉行」をはじめ、様々な業務に向けた14種類の「奉行シリーズ」を開発し、提供している。ユーザー数が約50万の国内トップシェアの業務ソリューションだ。

 最新の奉行V ERPはMicrosoft .Net Frameworkで開発され、Webサービスへの対応など柔軟性と拡張性の高さなどを備えた中堅、成長企業に向けたソリューションとして注目されている。
 

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:今からはじめる、グリーンIT導入計画
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5