Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デジタルアーツ、サイト改竄や感染を知らせるサイバーリスク情報提供サービス「Dアラート」を無償提供開始

  2018/01/25 14:15

 デジタルアーツは、2017年9月に提供開始した企業・官公庁向けWebセキュリティソフト「i-FILTER」Ver.10の機能を利用して、マルウェア感染の疑いのある顧客や顧客以外へも感染情報やホームページの改竄情報を提供する「Dアラート ~サイバーリスク情報提供サービス~」を無償で1月25日から提供開始することを発表した。

 大手企業を装ったバンキングマルウェア「Ursnif」「Dreambot」や、宅配業者やカード会社等を装った偽装メール、「Bad Rabbit」と呼ばれるランサムウェアなど、昨年も日本で様々なサイバー攻撃による被害が後を絶たず、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)や情報処理推進機構(IPA)等からも多くの注意喚起情報が公開された。被害の経緯は、メール受信により本文または添付ファイルに記載された未知のURLにアクセス、もしくは添付ファイル内のマクロを実行することによって未知のURLへバックグラウンドで通信が行われることで感染する。

 デジタルアーツが提供する「i-FILTER」Ver.10には、ユーザーがアクセスしようとするURLが未知のURLだった場合、個人情報を含むパラメーターを取り除いたURLが同社の運用するクラウド上の「i-FILTER」Ver.10に通知され、デジタルアーツでURLをカテゴリ分けした後にデータベースに配信される「クラウドルックアップ機能」が搭載されている。

 「i-FILTER」Ver.10は、提供開始以降、新規導入ならびにバージョンアップした数百社の利用されており、日々様々なマルウェアに感染疑いのある未知のURLへのアクセス情報が通知される。

「i-FILTER」Ver.10のクラウドルックアップ機能

 「i-FILTER」Ver.10で搭載した「クラウドルックアップ機能」と蓄積された最新データベースによって、実際の事例としてユーザーがアクセスした不正サイトが、世の中で感染被害が未確認のマルウェアであっても通信をブロックすることができ、実際に「Bad Rabbit」については、感染被害が世界中で確認される前に、ランサムウェアを配布する不正サイトとの通信をブロックした。

 そこで、デジタルアーツでは日々蓄積されるURLのアクセス情報の中からマルウェアに感染した疑いやホームページを改竄されているユーザーを見つけ出し、同社の顧客であるかどうかを問わず情報提供を行うことで、社内のセキュリティ対策が見直されるきっかけとなり、被害を最小限に抑えることに活用可能な「Dアラート」の無償提供を開始するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5