SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アズジェントが脅威インテリジェンスサービスを提供、イスラエルのセキュリティ企業とパートナー契約

 パートナー契約を締結した背景は、2017年の世界同時多発サイバー攻撃をはじめ、世界的に大規模なサイバー攻撃が増え続けており、2020年に東京五輪を控えた日本国内ではさらなるサイバー攻撃の増加が予測できるからという。

 脅威インテリジェンスサービスは、インターネット上で公開された情報や、検索できないサイトやハッカーフォーラムなどを含む「ダークウェブ」を対象に情報を収集。インサイト・サイバー・インテリジェンスが攻撃者の動向を調査し、攻撃の予兆などをユーザーに通知する。

 インサイト・サイバー・インテリジェンスのガイ・ニザンCEO兼共同創業者によると、「ユーザー企業ごとにカスタマイズされた脅威情報を提供できることが強み」という。ユーザーは、企業名や役員の名前、ブランド名など自社と関係のあるキーワードを登録することで、脅威情報をアラートとして受け取ることができる。また、サーフェスウェブ上の情報収集も行っているため、SNS上の悪意ある書き込みやユーザー企業を騙るフィッシングサイト、不正な類似アプリなどを早期に発見、対応することも可能となる。

インサイト・サイバー・インテリジェンス ガイ・ニザンCEO兼共同創業者

 販売価格は2カ月間の短期間ライセンスで292万円(税別)から。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10416 2018/02/22 11:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング