SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

エルテス、リスト型攻撃によるインシデント発生後のコンサルティングサービスを提供開始

 リスト型攻撃とは、攻撃者が何らかの方法で1つのWebサイトからIDとパスワードを入手し、入手したIDとパスワードを用いて別のWebサイトへのアクセスを試みるサイバー攻撃の一種。ユーザーは、利便性から複数のWebサイトで同一のIDとパスワードを併用するケースが多く、また、ポイントの不正利用は気づきにくいことが多いため、被害が発生し続けている。

 仮に企業がリスト型攻撃に遭った場合、システム上の対策だけではなく、被害にあった顧客への対応、メディアへの対応、行政への対応など、様々な対応が要求される。

 エルテスは、従来からデジタル化に伴い新たに発生するリスクを「デジタルリスク」と定義し、多数の企業に対して解決策を提示してきたという。 具体的には、インシデントが発生した場合、ネット上のモニタリングにより世論の論調を正確に把握することで顧客への最適な対応を提言したり、メディアへの対応や監督官庁をはじめとする行政への対応を実施しており、インシデント発生後に要求される一連の対応へのノウハウがある。特に行政への対応は、適切な届け出先に対して再発防止策やインシデント発生後の状況などを報告する必要がある。

 エルテスでは、これまで蓄積してきたデジタルリスクへの対応ノウハウをベースに、昨今急増するリスト型攻撃によるインシデントへの対応コンサルティングサービスを提供するとしている。

 ■主な提供内容

  • 行政対応支援
  • メディア対応支援
  • 顧客対応支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11250 2018/10/04 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング