SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、円滑なテレワークの運用を支援する「働き方見える化サービス Telework」を発売

 テレワークを導入する企業が増えていなかで、今春に働き方改革関連法案が採決され、2019年4月から現在より厳格な勤務時間管理が求められる。テレワークに特化した新サービスは、企業側の適切な時間管理や、利用者の勤務証明、業務報告の機能を提供し、テレワークの運用を支援するという。

勤務実績の画面表示イメージ

新サービスの主な内容

 ・円滑なテレワークの運用を支援

 勤務申請/承認、業務報告、PC利用状況による勤務証明など、テレワークの運用に必要な機能を提供。これらの機能により、利用者と企業(管理者職)側でのテレワーク時の業務の内容、状況の共有を可能とし、円滑なテレワークの運用を支援する。

 ・PC利用状況から客観的な勤務状況を把握し長時間勤務を抑制

 利用者の業務開始/終了の打刻機能に加えて、「Skype for Business」のプレゼンス情報、PCの利用情報、顔認証情報といった客観的な勤務情報の取得ができるため、企業(管理者職)側はテレワークにおける勤務の申告漏れや長時間勤務など、勤務実態の把握が可能となる。

 これにより、育児や介護などの生活と勤務を組み合わせて働ける在宅勤務をはじめ、自社オフィス外でPCを利用する業務など、テレワーク利用時の効率的な時間管理を実現する。さらに、これまでグラフ表示のみであったPC利用状況データは、開始/終了時間、稼働時間合計などをCSV形式で出力も可能となり、勤怠管理の情報との比較やシステム連携も可能。

 また、勤務実績を出力するWeb APIも備え、勤怠管理サービスなどの他社サービスとのデータ連携も可能となり、運用の利便性を強化した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11346 2018/10/31 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング