Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マカフィー、データ保護と脅威防御を統合管理するソリューションを発表

  2019/11/13 13:40

 米セキュリティ企業マカフィーは2019年11月7日、業界初の取り組みとしてデータ保護と脅威防御の統合管理を実現するクラウドソリューション「Unified Cloud Edge」を発表した。

 マカフィーが実施した調査によると、企業の81%がDLPとCASBを個別に管理制御しているため、管理が複雑でセキュリティ効果が低下してしまう可能性があることが分かったという。

 そこで同社は、複数のエンドポイント、ネットワーク、クラウドソリューションで一貫したDLPポリシーを徹底するため、McAfee MVISION CloudにMcAfee Web Gatewayと、McAfee Data Loss Preventionが提供する機能を統合。MVISION ePolicy Orchestrator(ePO)とも連携することで、クラウド環境におけるセキュリティ課題に一貫して対処できるソリューション「Unified Cloud Edge」を提供するという。

 同ソリューションは企業向けに構築されたクラウド・ネイティブ・アーキテクチャにより実現され、複数の環境において単一のポリシーを徹底。ユーザーはシングルクリックでセキュリティ・イベントを調査でき、単一リポジトリからレポートを得られる。

 同社の製品管理・マーケティング担当バイスプレジデント アナンド・ラマナサン氏は、「データとアプリケーションはクラウドに移行しましたが、セキュリティ担当者が新たなスキルを必要とする環境やツールと、限定されたセキュリティリソースに格闘する企業にとって、セキュアなクラウド利用は理解されにくいものだと明らかになりました。クラウド利用に伴い重要な企業データの総量は増え続けており、企業は適切なデータ保護ツールを導入する必要があります。また、セキュリティの複雑さを軽減することは従業員の生産性を向上させるサポートをします」としている。

 

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5