Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アステリアと鈴与シンワート、OBCがのサブスク型データ連携サービス「奉行コネクト 太助」開始

  2019/11/22 17:00

 鈴与シンワート株式会社、アステリア株式会社、株式会社オービックビジネスコンサルタントは、 ERP「奉行 V ERP」への仕訳伝票データの自動連携を実現するサブスクリプション型データ連携サービス「奉行コネクト 太助(TASUKE)」の提供を開始する。

奉行コネクト太助(TASUKE)」による「奉行 V ERP」への仕訳伝票データ連携イメージ

奉行コネクト太助(TASUKE)」による「奉行 V ERP」への仕訳伝票データ連携イメージ

 サブスク型データ連携サービス「奉行コネクト太助(TASUKE)」は、2019年4月に施行された「働き方改革関連法」への対応の一つとして、“仕訳データ作成”と周辺システムとのデータ入出力(連携)”などの自動化を実現するために開発された。

 アステリアが提供するデータ連携ミドルウェア「ASTERIA Warp Core」と鈴与シンワートが提供する「ASTERIA Warp 奉行アダプター」で構成される。仕訳データの取込バッチ処理をスケジュール実行ではなく、データを作成するタイミングで実行することができ、仕訳データの取込結果を取得し、データのエラー等をタイムリーに把握することができる。奉行 V ERP 製品(会計・人事労務・販売管理・企業業務)に対応し、自動実行管理オプションから出力された帳票 データを自動取得することもできる。
月額料金は、月額料金:40,000円から。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5