EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Red Hat、Ansible Automation関連の最新版を発表、自動化への取り組みを促進

  2020/07/13 11:00

 米Red Hatは、「Red Hat Ansible Automation Platform」の最新版と、Automation Hubで入手可能な新しい「Red Hat Certified Ansible Content Collections」を発表した。

 「Red Hat Ansible Automation Platform」の最新版では、従来と同様に本番ワークロードに必要なセキュリティ機能を提供するとともに、必要に応じて最新のAnsibleのイノベーションや技術を活用できる。また、Ansible Content Collectionsに加えて、自動化サービスカタログの入門編である「Ansible Tower 3.7」とAutomation Analyticsのアップデートが利用可能となっている。

 「Ansible Tower 3.7」では、ジョブ処理におけるボトルネックの解消に役立つマイナーチェンジが行われた。また、パフォーマンスを維持するための共通APIクエリの処理の最適化や、ユーザーインタフェースの通信プロトコルの修正も実施されている。

 Automation Analyticsには、ユーザーが自組織での自動化の有用性を評価し、各会社データに合わせたカスタマイズができる新機能Automation Analytics automation calculatorを追加。投資に対する過去、現在、将来のリターンが測定できるようになる。さらに、効率化に関するリアルタイムの指標を提供することで、より多くの領域における自動化の採用拡大を促進する。

 ほかにも、物理、仮想、クラウド、またはコンテナをベースにする環境全般にAnsibleプラットフォームのプロビジョニング、リタイア、ロギングを広げ、自動化のリソース用のライフサイクル管理を提供するAutomation services catalogも用意している。

 新しい「Red Hat Certified Ansible Content Collections」は、すべてRed Hatが作成・サポートする。AWS、Arista、Cisco、IBM、Juniper、Splunk、VyOSといったプラットフォームはじめ、その他の主要なネットワーク、セキュリティ、クラウドのパートナーで利用できる。現在は、Red Hatとパートナーから49個の認定済みCollectionが提供されている。

 「Red Hat Certified Ansible Content Collections」では、Ansible Tower環境のより大規模な設定・管理・運用を可能にするAnsible Tower Content Collection、Red Hat Insights APIを使用して手動のタスクを自動化できるようにするRed Hat Insights Content Collection、Red Hat Satellite APIを使用して手動のタスクの自動化を可能にするRed Hat Satellite Content Collectionを利用できる。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5