SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Red Hat、Ansible Automation関連の最新版を発表、自動化への取り組みを促進

 米Red Hatは、「Red Hat Ansible Automation Platform」の最新版と、Automation Hubで入手可能な新しい「Red Hat Certified Ansible Content Collections」を発表した。

 「Red Hat Ansible Automation Platform」の最新版では、従来と同様に本番ワークロードに必要なセキュリティ機能を提供するとともに、必要に応じて最新のAnsibleのイノベーションや技術を活用できる。また、Ansible Content Collectionsに加えて、自動化サービスカタログの入門編である「Ansible Tower 3.7」とAutomation Analyticsのアップデートが利用可能となっている。

 「Ansible Tower 3.7」では、ジョブ処理におけるボトルネックの解消に役立つマイナーチェンジが行われた。また、パフォーマンスを維持するための共通APIクエリの処理の最適化や、ユーザーインタフェースの通信プロトコルの修正も実施されている。

 Automation Analyticsには、ユーザーが自組織での自動化の有用性を評価し、各会社データに合わせたカスタマイズができる新機能Automation Analytics automation calculatorを追加。投資に対する過去、現在、将来のリターンが測定できるようになる。さらに、効率化に関するリアルタイムの指標を提供することで、より多くの領域における自動化の採用拡大を促進する。

 ほかにも、物理、仮想、クラウド、またはコンテナをベースにする環境全般にAnsibleプラットフォームのプロビジョニング、リタイア、ロギングを広げ、自動化のリソース用のライフサイクル管理を提供するAutomation services catalogも用意している。

 新しい「Red Hat Certified Ansible Content Collections」は、すべてRed Hatが作成・サポートする。AWS、Arista、Cisco、IBM、Juniper、Splunk、VyOSといったプラットフォームはじめ、その他の主要なネットワーク、セキュリティ、クラウドのパートナーで利用できる。現在は、Red Hatとパートナーから49個の認定済みCollectionが提供されている。

 「Red Hat Certified Ansible Content Collections」では、Ansible Tower環境のより大規模な設定・管理・運用を可能にするAnsible Tower Content Collection、Red Hat Insights APIを使用して手動のタスクを自動化できるようにするRed Hat Insights Content Collection、Red Hat Satellite APIを使用して手動のタスクの自動化を可能にするRed Hat Satellite Content Collectionを利用できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13231 2020/07/13 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング