SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

発注者向けWebシステム/アプリのセキュリティ要件文書をCCLで公開

 Webシステムやアプリケーションに対して必要なセキュリティ機能や仕様について、専門的な資料や文書はIPAや産業技術総合研究所などが発表しているものがあるが、専門性が高く、開発者向けの情報を意識したものが多かった。

 今回、トライコーダとアイアクトが共同で公開するドキュメントは、セキュリティの知識があまり深くない発注者にも使いやすいものを目指して作成されたという。そのため公共性が高いものとの判断から、当該ドキュメントについては、クリエイティブコモンズライセンス(CCL)にて無償公開するとしている。CCLに準拠すれば、改編するなどの二次著作物の作成、配布が可能となる。

 Webアプリケーションの場合、対象ユーザー層が広く、サービスプロバイダーも多岐にわたるため、総じてセキュリティリテラシーが開発者比べて高くなく、システム設計時のセキュリティ機能の作り込みに影響がでることがあった。このドキュメントは、このギャップを埋めること、実際に問題が起きた際の保証や改修トラブルを防ぐことなどを目的としている。
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1331 2009/03/30 16:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング