EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

スクウェア・エニックス、Alibaba CloudのECSを機械学習に活用 SBクラウドと共同研究

  2020/09/16 16:30

 SBクラウドは、スクウェア・エニックスと、機械学習を活用した共同研究を実施したことを発表した。

 本研究は、スクウェア・エニックスが提供するスマートフォン向けデジタルカードゲーム「ドラゴンクエストライバルズ(現・ドラゴンクエストライバルズ エース)」において、ユーザーのゲーム内の行動ログデータを分析することで、コンピューター対戦のバランス調整の精度を向上させることを目的に行われた。

 本研究において、SBクラウドは機械学習のシステム基盤として、GPUを搭載した仮想サーバーサービス「Elastic Compute Service(ECS)」と、ビッグデータ処理プラットフォーム「MaxCompute」を提供している。

 本研究では、過去に収集したユーザーのゲーム内の行動ログデータを機械学習を用いて分析し、流行しているデッキやカード、どの行動が勝利に貢献したかなどの推論を行ったという。

 データ分析の結果、カードごとの利用状況(カードの利用率や組み合わせ率、使用されるタイミングなど)を可視化することができたため、今後は、この結果を基にカードの組み合わせを改善することで、コンピューター対戦のバランス調整の精度向上への活用が期待されるとしている。

 また、本研究における機械学習を活用したデータ分析は、Alibaba Cloudのプロダクトで、主にNVIDIA GPUを搭載した仮想サーバーサービス「Elastic Compute Service(ECS)」と、ビッグデータ処理プラットフォーム「MaxCompute」を利用して行われたという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5