EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Com、Blue Prismとの協業を発表 独自のRPA「デジタルワーカー」でDX推進に貢献

  2020/10/06 17:00

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)、およびBlue Prismは、2020年10月6日より、デジタルワーカーサービスの提供において協業することを発表した。この協業を通じ、NTT Comの「Smart Data Platform」(以下、SDPF)のメニューとして、「デジタルワーカー」のプラットフォームサービスの提供を2020年度内に開始するとしている。

 デジタルワーカーとは、パソコン上で行う単純作業を自動化するRPA(Robotic Process Automation)の機能をベースに、画像から情報を抽出する認知機能やAIによる文章理解、人とコミュニケーションができるチャットボットなどのインテリジェントな機能を加えたもので、より高度で複雑な業務を自動で行うことが可能だという。

 NTT ComとBlue Prismは、デジタルワーカーの提供により、業務の抜本的なDXに貢献。これにより、顧客企業において、社内リソースをより戦略的な業務にシフトすることを促進するとしている。

「デジタルワーカー」のプラットフォームサービスの概要と特長

 本サービスは「SDPF」を構成する機能の一つとして提供するため、NTT Comのプラットフォーム上でデジタルワーカーサービスを利用できるほか、SDPFを構成するクラウド、データマネジメント、データインテグレーション、ストレージなどのさまざまな機能と組み合わせて利用することができるという。

 また、SDPFを構成する「Flexible InterConnect」と併用することによって、クラウドやオンプレミスなどの複数の場所に存在するICTリソースに閉域網で接続することができるため、さまざまな業務システムを横断する複雑な業務についてもセキュリティを保ったまま遂行することが可能だとしている。

イメージ図
イメージ図

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5