EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立開発のPBI、顔認証本人確認システムに活用 沖縄県の医療機関において有用性を検証へ

  2020/11/27 14:25

 日立ソリューションズ西日本は、日立製作所の特約店である沖縄エジソンと「ちゃーがんじゅう沖縄!コンソーシアム」を組成し、沖縄県の補助金事業「令和2年度アジアITビジネス活性化推進事業」の交付を受けて、公開型生体認証基盤(PBI)を活用した実証実験を開始すると発表した。

 PBI(Public Biometric Infrastructure)は、生体認証とPKI(公開鍵暗号基盤)を組み合わせた、日立が開発した認証基盤技術のことである。

 本実証実験では「公開型生体認証基盤(PBI)を活用した顔認証本人確認システム」を開発し、沖縄県の医療機関においてオンライン診療時における本人確認システムの有用性などを検証する。本システムは、オンライン診療システムの画面に表示される患者・医師双方の顔画像により本人認証を行い、患者が正しく本人であること、資格のある医師が診察を行うことを確認するシステムだという。

 医師の認証後は患者側スマートフォンなどへ認証結果を通知する。現状目視で行っている本人確認をシステム化できるため、厚生労働省のガイドラインで最低限遵守すべき患者・医師双方の本人確認を自動的かつ確実に行うことができるとしている。今後さらに普及が想定されるオンライン診療において、患者の取り間違いや、患者・医師のなりすましなどの社会的課題を解決できると考えているという。

 コンソーシアムはこの実証実験により、PBIを活用した本人確認システムの有用性、利用者の利便性、改善点などを検証・調査のうえ、2021年度に沖縄県から事業化することを目指している。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5