SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

レッドハット、OpenShiftの認定取得を支援 日立や富士通などが賛同パートナーとして表明

 レッドハットは12月9日、Red Hat OpenShiftのパートナー・エコシステム支援プロジェクトとして、Red Hat Kubernetes Operator Projectを国内において始動することを発表した。

 これまでコンテナ運用の工数削減を支援するKubernetes Operator(以下、Operator)の技術を、Red Hat OpenShiftに取り込んできた。今回のプロジェクトでは、レッドハットがソフトウェアパートナー企業にOperator開発のノウハウや知識を提供することで、各社がRed Hat OpenShiftの認定Operatorになるべく支援をするという。

 本プロジェクトの開始時点における賛同パートナーとして、伊藤忠テクノソリューションズ、SCSK、オージス総研、サイオステクノロジー、セゾン情報システムズ、ソリトンシステムズ、日商エレクトロニクス、日本電気、日立製作所、富士通の合計10社が、各社ソフトウェアのOperator対応を表明している。

 今回、国内発のパートナー支援策の第2弾として、Red Hat Kubernetes Operator Projectを発足することで、Red Hat OpenShiftに対応したソフトウェアパートナー企業の製品やサービス(業種アプリケーション、開発標準フレームワーク、ミドルウェア、その他のパッケージ製品)を拡張し、そのソフトウェアとRed Hat OpenShiftの強みを組み合わせたジョイント・ソリューションを創出することで、顧客のデジタル・トランスフォーメーションを加速すると共に、レッドハットが掲げるオープンハイブリッドクラウドを推進していくという。

Red Hat Kubernetes Operator Projectによる具体的なパートナー支援策

テスト環境
  • OpenShiftパートナーよりクラウド上でのOperator開発環境
  • Red Hat OpenShiftのサブスクリプションを提供
  • クライアント開発環境Red Hat CodeReady Containersを提供
  • 特別価格でのOperator開発環境
  • パートナー企業からのOperator開発環境
トレーニング
  • オンライントレーニングシステムOPEN(Online Partner Enablement Network)によるRed Hat OpenShiftとOperatorに関するトレーニングの提供
  • 半日のOperator認定ワークショップ実施
認定取得支援
  • Operator対応に関する認定プロセスの問い合わせ対応
  • レッドハットのコンサルティングサービスによるOperator技術支援(有償)
  • 認定Operator実装有償支援パートナーの紹介

【関連記事】
レッドハット、OpenShiftの認定取得を支援 日立や富士通などが賛同パートナーとして表明
カルチャー・ファーストで組織開発を進めるレッドハット
NTTドコモ、レッドハットの自動化プラットフォームを導入し1万以上の機器の自動化を目指す
レッドハット望月社長が戦略を語る「OpenShiftでコンテナ活用企業を倍増させる」
CTC、システム監視の自動設定ソリューション「Zabbix x Red Hat Ansible Automation」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13695 2020/12/10 10:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング