SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ServiceNow Japan、IoTデータをワークフローと統合できる新製品を発表

 ServiceNow Japanは12月17日、新製品「ServiceNow Connected Operations(以下、Connected Operations)」を国内で提供開始したことを発表した。

 Connected Operationsは、IoTデータをNow Platformに直接取り入れることで、複数の場所に散在するアセットの健全性や稼働状況のほぼリアルタイムな情報を単一のプラットフォーム上で閲覧することが可能になるという。企業は、そこから価値あるインサイトを入手することで、新しい「プロダクト・アズ・ア・サービス・モデル」へとビジネスモデルを進化できるとしている。

 本製品を導入することで、発生した問題はすべて自動的に運用上のインシデントとして担当者に通知される。これにより、ServiceNow Customer Service ManagementおよびServiceNow Field Service Managementのワークフローを利用してインシデント内容を優先順位付けし、解決することができる。その結果、部門間で必要とされるメンテナンス調整が不要になり、問題が発生した場合にも企業や顧客にかける負荷を軽減することができるという。

Connected Operationsの機能詳細

  • IoT Bridge:IoTに接続したアセットから、稼働状況などのデータをNow Platformに取り込み、インフラストラクチャを監視できる。MQTTやHTTPなどの標準的なIoTプロトコルを介して、IoTデバイスを認証し、通信する
  • IoT Rule Engine:問題が発生した際に担当者に通知されるルールを作成することができる。コーディングは不要で、シンプルで視覚的なインターフェースを通じて、簡単にルール作成が可能
  • Operations Incident:IoT Rule Engineにより問題が検出されると、IoTイベントが作成され、1つまたは複数のイベントを1つのOperations Incidentにまとめることができる。その結果、ノイズを削減し、誤検出を減らすことができる
  • Connected Workflows:Customer Service ManagementとField Service Managementを統合・管理しながら、1つの直感的なワークスペースでチーム間の調整が可能になる。また、Field Service Managementで作業指令を作成して、IoTデータを閲覧できるフィールド技術者を派遣し、修理することもできる

【関連記事】
みずほ銀行、海外IT投資管理業務にServiceNowの情報基盤を導入
NTTデータ、ServiceNowに関する専門事業組織を設置へ
アクセンチュア、ServiceNowと新組織を設立 今後5年で数百万米ドルを投資
ServiceNow Japan、オペレーショナルリスク管理など新機能を追加 規制要件の変更にも対応
前年同期比31%の成長 ServiceNowが第3四半期決算を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13740 2020/12/17 18:24

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング