EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

コンカー導入で、東急グループは年48,000時間の作業時間削減を目指す

  2020/12/24 17:40

 コンカーは、東急グループの間接費管理基盤として「Concur Travel & Expense」をはじめとするSAP Concurソリューションが採用されたことを発表した。

 Concur Travel & Expenseの導入により、経費精算や出張手配における申請者・承認者双方の作業時間削減につながるほか、モバイルアプリを活用することで、場所や時間を問わずに経費精算・出張手配を行うことが可能になったという。

 また、規程違反の目視チェックと監査代行を行う「Auditサービス」や専門オペレーターが利用者からの問い合わせに対応する「ユーザーサポートデスク」、専門の担当者がシステムの運用支援と改善提案を行う「サービス・アドミニストレーション」、分析レポートを作成する「レポーティングサービス」といった各種アウトソーシングサービスをあわせて利用することで、間接業務のさらなる効率化と可視化を実現していく。

製品と効果領域
製品と効果領域
[画像クリックで拡大]

 本導入により、一般社員の経費精算申請業務にかかる作業時間の48,000時間/年、上長・経理部門では52,000時間/年の削減効果を目指している。また、本ソリューションは、2021年7月を目途に東急に加え東急電鉄や東急エージェンシーなど東急グループ主要5社へ導入予定だとしている。

 今後、先行して展開している会計システムの共通化における新たな経費精算プラットフォームとして連結子会社への展開を進め、デジタル経費精算と電子帳簿保存法に則した領収書の電子化を皮切りに、経理業務のデジタル化・ペーパーレス化を加速していくという。

【関連記事】
コンカー、三鷹市など4自治体における実証実験の結果を発表 インフォマートと協業し業務をデジタル化
コンカーと日本IBM、慶応義塾大学のDXを支援 国内大学初のSAP Concurソリューション導入へ
コンカーと三井住友カードが戦略業務提携契約を締結 キャッシュレス化やペーパーレス化で企業のDXを支援
コンカー、タクシー配車アプリ「S.RIDE」との連携を開始 経費精算に掛かる時間を大幅短縮
コンカーとシグマクシス、間接業務のDX推進を目的としたパートナー連携を開始

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5