SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータ、「IOWN推進室」を設置しNTT研究所との連携を深める

 NTTデータは、2021年1月1日にIOWNに関する専門組織「IOWN推進室」を設置することを発表した。

 IOWN推進室は、要素技術の研究開発を推進するNTT研究所と、その研究成果を顧客に展開・事業化するNTTデータの各事業分野内をつなぐ組織である。

IOWN推進室が担う役割

顧客や社会に対して

 要素技術として提供される研究成果を展開するにあたって、不足している機能の開発、技術者の育成、顧客へのプリセールスを通して、IOWN技術適用の推進を行う。

 またNTTデータ社内関連部署との連絡会を設定し、具体的なターゲットごとに技術適用のロードマップを策定することで、研究成果適用に関する実行管理を行うという。

NTT研究所に対して

 将来の社会課題やニーズに基づいた研究開発テーマ提供を行い、NTT研究所の研究開発を支援する役割を担うとしている。

IOWN推進室の位置づけ
IOWN推進室の位置づけ
[画像クリックで拡大]

 NTTデータでは、IOWNに関する研究成果をSociety5.0における超スマート社会の実現に貢献していくという。そのために、事業と親和性の高いデジタルツインコンピューティング領域を中心とし、2021年度には100名規模の技術者を育成。その後、対象とするIOWNの技術領域をデジタルツインコンピューティング以外にも拡張しながら、2025年度にはIOWN関連技術者を500名規模に増強する予定としている。

【関連記事】
NTTデータ、ServiceNowに関する専門事業組織を設置へ
NTTデータ、コロナの影響を受けるも通期業績予想に向けて前進 2021年3月期 第2四半期決算短信
マネーフォワード、NTTデータ提供のプラットフォームと連携 金融機関における法人顧客のDX化を目指す
NTTデータ、キリングループのプラットフォームを構築 Salesforceのherokuを採用
NTTデータ、Mu Sigmaと業務提携契約を締結 デシジョンサイエンスという独自の方法論を活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13781 2020/12/24 19:38

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング