EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAP、2020年度第4四半期・通年業績を事前発表

  2021/01/18 18:14

 SAP SE(以下、SAP)は、2020年第4四半期業績の初期レビューの後、2020年12月31日に終了した第4四半期および通年の予備財務業績を発表した。本発表の予備的な性質のため、すべての2020年の数値は概算値になる。

2020年度第4四半期

  • IFRSベースのクラウド売上8%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースのクラウド売上13%増
  • 進行中のクラウドバックログ、固定通貨換算ベースで14%増
  • IFRSベースのソフトウェアライセンス売上15%減、Non-IFRSの固定通貨換算ベースのソフトウェアライセンス売上11%減
  • IFRSベースのクラウドおよびソフトウェア売上4%減、Non-IFRSの固定通貨換算ベースのクラウドおよびソフトウェア売上1%増
  • IFRSベースの営業利益26%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースの営業利益3%増
  • IFRSベースの営業利益率1パーセンテージポイント増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースの営業利益率1.5パーセンテージポイント増

2020年度通年

  • Non-IFRSベースの営業利益が、修正後の見通し範囲の最高値に達する
  • 営業キャッシュフローは約70億ユーロの見込みで、前年比約2倍、フリーキャッシュフローは約59億ユーロの見込みで、上方修正後の見通しを大幅に上回る
  • 2021年の見通しはクラウドへの移行優先を反映

 SAP CEO クリスチャン・クライン(Christian Klein)氏は、「SAPは、クラウドで顧客の変革を加速することで、ビジネスのやり方を再構築しています。好調のうちに本年を終え、まもなく提供される新しい包括的なビジネス変革サービスを考えると、SAPは、新しい見通しの各目標に十分到達可能な状況にあると言えます」と述べている。

【関連記事】
ISID、SAP導入ビジネス拡大に向けてインフォシスと業務提携へ
SAPジャパン、15年ぶり日本開催の「SAP TechEd Japan 2020」をアーカイブ配信
NTT、SAPとの戦略的提携を拡大 全方位的なパートナーシップ構築へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5