EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ISIDと電通デジタル、電通アイソバーが400人規模のDX推進組織を設立

  2021/01/20 15:26

 電通国際情報サービス(以下、ISID)と電通デジタル、電通アイソバーは、マーケティング領域を起点としたDX基盤構築において、クラウドソリューションのインテグレーション業務および活用業務支援を行う専門人材400人規模のグループ横断組織「Dentsu DX Ground(電通DXグラウンド)」を立ち上げ、1月20日より稼働することを発表した。

 ISID、電通デジタル、電通アイソバーの3社は、マーケティング領域における各社の専門人材を集約することにより、大規模化・複雑化するクラウドソリューションの構築・運用やデータ活用の高度化を提案し、企業のDX推進に向けたインテグレーション強化を実現する体制を構築したという。

「Dentsu DX Ground」における各社の強み

  • ISID:複数のクラウドソリューションを用いたCRMやマーケティングオートメーション、コンタクトセンターなどのシステム構築から、企業が保有する既存システムとの連携、膨大なデータを取り扱うミッションクリティカルなシステムの構築などの実績を有している。そのノウハウを生かし、デジタルマーケティングを起点とした企業全体のDXの実現を支援する
  • 電通デジタル:国内電通グループ内のマーケティング手法をフレームワーク化したプランニングと施策開発力を強みとしている。本組織においても、マーケティングテクノロジーのレイヤー強化を図るとともに、プランニングからシステム構築・運用までワンストップで企業のクラウドインテグレーションを推進する
  • 電通アイソバー:CX(カスタマーエクスペリエンス)デザインを軸とした戦略コンサルティングとデジタルマーケティングのアイデア、テクノロジーで、企業のDX課題の解決にむけた新たな体験価値を生み出すことに貢献する

 3社は今後、本組織の共同運営を通じてナレッジの共有、新たなテクノロジー・サービスの共同開発を行う。また、採用活動を通じた体制強化にも取り組んでいくという。

【関連記事】
ISID、SAP導入ビジネス拡大に向けてインフォシスと業務提携へ
ISIDが全社横断組織「AI トランスフォーメーションセンター」設置、企業のDXに伴うAI活用支援
ISID、リスクを可視化しサプライチェーン攻撃対策を支援する「SecurityScorecard」を提供開始

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5