SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インテックとアシスト、生化学工業のデータ活用基盤を構築

 インテックとアシストは、生化学工業における全社規模のデータ活用基盤の構築に、インテックが提案しアシストが提供する製品群を導入したことを発表した。

 生化学工業では、稼働していた会計システムの保守切れをきっかけに、基幹システムの構成見直しを行い、事業環境の変化に柔軟かつスピーディーに対応可能な経営基盤および情報基盤の整備が進んでいた。今回、基盤として採用されたのが、インテックから提案されたアシスト提供のソリューションだという。製品群はすべて、アシストのデータ活用ブランド「aebis(エビス)」にラインアップされている。

 IT部門の負荷軽減と利用者のユーザビリティを重視し、ETLツールに「DataSpider Servista」、DWH基盤のデータベース製品は「Oracle Cloud Infrastructure」のDatabase Cloud Service、BIツールとして「Qlik Sense」を組み合わせたデータ活用基盤を構築し、2019年4月から順次リリースを開始している。また、国内2ヵ所に設置された工場のデータ可視化のプラットフォームとしても今回の基盤を適用しているという。

 工場のデータ可視化のプラットフォームでは、生産状況や廃棄率、在庫などの情報をリアルタイムで可視化するアプリを現場主導で独自開発するなど、現場でのデータ活用が定着しつつあるとしている。今後はIoTセンサーから取得したデータをAI分析し、故障の予兆検知を行うなどデータ活用のさらなる高度化に向けて推進していく予定だという。

【関連記事】
アシストとNCD、ChangeMiner活用による企業支援で協業
アシスト、「SHieldWARE」を提供開始 特権IDを含む制御機能でセキュアに
テスト時間削減と品質向上を実現 アシスト「UFT One」で自動化の仕組みを構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13914 2021/02/03 17:16

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング