SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AppleとSamsungがリードを広げる【ガートナー:2020年半導体消費調査】

 2月9日、ガートナーは、2020年の主要電子機器メーカーによる半導体消費に関する調査結果(速報値)を発表した。

 2020年における上位10社の主要電子機器メーカーの半導体消費は前年比10%増となり、市場全体でのシェアは2019年の40.9%から42.0%へ拡大。上位10社は、顔ぶれも順位も2019年と同じだという。

 アナリストでディレクターの山地正恒氏は、「主要電子機器メーカーによる2020年の半導体消費に影響を与えた要因は2つ挙げられます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックと米中の政治的紛争です。パンデミックの影響から5Gスマートフォンの需要が低迷し、自動車生産も落ち込みました。その一方で、モバイルPCやビデオゲームに対する需要とクラウド・データセンターへの投資が半導体消費を牽引しました。さらに2020年は、メモリ価格の上昇により、年間を通じてメモリ・チップへの支出が増加しました」と述べている。

 2020年におけるHuaweiの半導体消費は大幅に減少し、前年比23.5%減となった(表1参照)。

表1.世界の電子機器メーカー上位10社による半導体消費(2020年)、(速報値、デザインTAMベース)出典:Gartner(2021年2月)
表1.世界の電子機器メーカー上位10社による半導体消費(2020年)
(速報値、デザインTAMベース)、出典:Gartner(2021年2月)[画像クリックで拡大]

 Appleは2019年に続き、2020年も半導体消費のトップを維持した。これは主に、AirPodsの好調な売り上げ、MacとiPadの特需、NANDフラッシュ消費の増加に起因しているという。

 Samsung Electronicsは第2位を維持。Huaweiとの競争が弱まったことや、データセンター向けのエンタプライズ用ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)に対する需要が旺盛だったことから、2020年の半導体消費は20.4%増加した。在宅勤務やE-LearningなどのトレンドがPCやクラウド・サーバの需要を牽引し、Samsung製のSSDが多く消費されたことが要因だとしている。

 Xiaomiは上位10社の中で最も成長率が高く、2020年の半導体消費は対前年比26.0%増となった。山地氏は、「Xiaomiのスマートフォン事業は、オンライン・チャネルを中心とした販売モデルを取っていたことから、パンデミックの渦中でも影響を最小限に抑えられました。Huaweiに対する制裁により、Xiaomiはスマートフォン市場でより大きなシェアを獲得しました。スマート・テレビ、ウェアラブル、スマート家電など幅広いコンシューマー向けIoT(モノのインターネット)デバイスで成功を収めたことで、2020年の半導体消費も増加しました」とコメントしている。

【関連記事】
日本企業は約2年の遅れ【ガートナー CIOアジェンダサーベイ】
ガートナー、国内企業の8割弱はアプリケーション戦略がないと発表
デジタル化をリードしているIT部門は約2割 ガートナーが調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13942 2021/02/09 11:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング