SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

LayerX、プライバシー保護システムAnonifyに関する研究成果を公開

 LayerXの研究開発組織「LayerX Labs」は、データの秘匿化と利活用を両立するプライバシー保護システムである「Anonify」(アノニファイ)の論文を新たに公開した。同論文は、「暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2021)」にて発表している。

 同社は、プライバシーやセキュリティの観点から、サービスを運営する主体内部での不正や操作ミス、脆弱性などへの対策が求められるとしている。具体的には、パーソナルデータや業務データなど機密性の高いデータを処理するシステム自体も、そのようなデータに直接アクセスできないようにエンドツーエンドで秘匿化することが重要になるという。

 また、データ利活用の観点から、データを秘匿化しつつもそのデータに基づいた計算処理がされ、かつ利用者にとって意図した処理がされていることを検証可能にする性質も求められている。そこで、LayerX Labsでは、データの秘匿化と利活用を両立するプライバシー保護システムであるAnonifyの開発を進めており、研究成果を提出・公開したという。

 今後、LayerX Labsが注力するデジタル通貨・決済システム、インターネット投票、スマートシティといった次世代の社会インフラにおけるデータのセキュリティ・プライバシーの課題解決に向け、Anonifyをはじめとした秘匿化技術の開発を推進していくとしている。

【関連記事】
LayerX、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」を提供開始
LayerX、日本IBMと提携し「Hyperledger Fabric」による業務効率化などを推進
LayerX、総額約30億円の資金調達を実施。商用化のための事業会社設立や開発、人材採用に充当

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13993 2021/02/19 14:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング