SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立、災害状況を高精度に解析できるAI技術を開発

 日立製作所(以下、日立)は、ドローンやヘリコプターによる空撮映像から、災害状況を高精度に解析できるAI技術を開発したことを発表した。

 同社は、防犯や製造現場向けの映像解析技術で培ってきた知見を活かし、自然災害映像も高精度に認識できる災害映像解析技術を開発した。これにより災害発生時、人がすぐにはたどり着けない現場の状況を、迅速かつ容易に、詳しく把握することが可能になるという。

 また、本技術はアメリカ国立標準技術研究所*が主催する映像解析のワークショップTRECVID(TREC Video Retrieval Evaluation)2020で、災害映像解析のタスクであるDSDI(Disaster Scene Description and Indexing)においてトップレベルの認識精度を達成している。

災害映像解析技術の長所
  1. 映像内に映るものが複数でも、それらのものを同時に精度良く認識する事ができる
  2. 広範囲を撮影した映像の中から、人が見つけにくい小さなものを見つける事ができる
  3. 学習サンプル数が少なくてAIに教えることが通常は困難な災害状況に対しても、精度良く認識する事ができる
  4. 見逃し・誤分類などの誤った情報を多く含む学習サンプルに対応したAI学習手法によって、人でも判断が難しい災害状況の誤認識や見逃しを減らす事ができる

 今後同社は、本技術を活用した災害時の対策を支援する社会イノベーションを推進し、自治体や設備保守、保険会社などのパートナーとの協創を通じて、レジリエントな社会、人々の安全、安心な暮らしの実現に貢献するという。

【関連記事】
日立システムズと東京医科歯科大学医学部附属病院、がんゲノム医療の事務作業を9割削減
日立ソリューションズ、資生堂プロフェッショナル事業の基幹系業務システムを刷新
日立ソリューションズ、Power Platformと連携できるFortressIQの提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13995 2021/02/19 20:17

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング