EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、災害状況を高精度に解析できるAI技術を開発

  2021/02/19 20:17

 日立製作所(以下、日立)は、ドローンやヘリコプターによる空撮映像から、災害状況を高精度に解析できるAI技術を開発したことを発表した。

 同社は、防犯や製造現場向けの映像解析技術で培ってきた知見を活かし、自然災害映像も高精度に認識できる災害映像解析技術を開発した。これにより災害発生時、人がすぐにはたどり着けない現場の状況を、迅速かつ容易に、詳しく把握することが可能になるという。

 また、本技術はアメリカ国立標準技術研究所*が主催する映像解析のワークショップTRECVID(TREC Video Retrieval Evaluation)2020で、災害映像解析のタスクであるDSDI(Disaster Scene Description and Indexing)においてトップレベルの認識精度を達成している。

災害映像解析技術の長所
  1. 映像内に映るものが複数でも、それらのものを同時に精度良く認識する事ができる
  2. 広範囲を撮影した映像の中から、人が見つけにくい小さなものを見つける事ができる
  3. 学習サンプル数が少なくてAIに教えることが通常は困難な災害状況に対しても、精度良く認識する事ができる
  4. 見逃し・誤分類などの誤った情報を多く含む学習サンプルに対応したAI学習手法によって、人でも判断が難しい災害状況の誤認識や見逃しを減らす事ができる

 今後同社は、本技術を活用した災害時の対策を支援する社会イノベーションを推進し、自治体や設備保守、保険会社などのパートナーとの協創を通じて、レジリエントな社会、人々の安全、安心な暮らしの実現に貢献するという。

【関連記事】
日立システムズと東京医科歯科大学医学部附属病院、がんゲノム医療の事務作業を9割削減
日立ソリューションズ、資生堂プロフェッショナル事業の基幹系業務システムを刷新
日立ソリューションズ、Power Platformと連携できるFortressIQの提供へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5