SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オラクル、Oracle ADWにノーコード・ツールを含む新機能を追加

 米現地時間3月17日、オラクルは「Oracle Autonomous Data Warehouse」に新機能を追加したことを発表した。最新機能は、各部門のシステムから企業のデータ・ウェアハウスやデータ・レイクを含むソースから、様々な解析ワークロードを実行するデータを取り込み、変換、保管し、管理するための単一のデータプラットフォームを提供するとしている。

 また、シチズン・データ・サイエンティストやアナリストは、セルフサービス型のグラフ・モデリングやグラフ・アナリティクスを利用することができるという。データ駆動型アプリケーションを構築する開発者向けには、データ・ウェアハウス・クラウドに直接組み込まれたローコード・アプリケーション開発ツールである「Oracle APEX(Application Express)Application Development」や、最新アプリケーションをウェアハウスのデータと連携できるRESTfulサービスを提供している。

 さらに、Oracle Autonomous Data Warehouseは、JSONドキュメント、データ処理、解析、グラフ、機械学習、ブロックチェーンなどのデータベースやサービスをすべて単一の最新コンバージド・データベース・エンジン内で利用可能で、マルチモデル、マルチワークロード、マルチテナントの要件に対応しているという。

Oracle Autonomous Data Warehouseの新機能

ビルトインのデータツール

 データをロードし広くチームでコラボレーションを可能にするシンプルなセルフサービス環境をビジネス・アナリストに提供する。ノートパソコンやクラウドからドラッグ・アンド・ドロップで簡単にデータをロードし変換することが可能だという。その上で自動的にビジネスモデルを作成し、例外や外れ値、データ内の隠れたパターンを迅速に見つけ出し、データ依存性や変更の影響を把握できる。

Oracle Machine Learning AutoML UI

 機械学習モデルの作成における時間のかかる手順を自動化することで、AutoML UIの自動機械学習用のノーコードのユーザー・インターフェースにより、データ・サイエンティストの生産性を高め、モデルの品質を向上させ、専門家でなくても機械学習を活用できるようになる。

Oracle Machine Learning for Python

 データ・サイエンティストやPythonユーザーは、Oracle Autonomous Data Warehouseの性能、並列機能、30を超えるネイティブな機械学習アルゴリズムを活用し、Pythonを利用して機械学習をデータ・ウェアハウスのデータに適用できる。

Oracle Machine Learning Services

 DevOpsやデータ・サイエンス部門はデータベース内のネイティブモデルやONNXフォーマットの分類や回帰モデルをOracle Autonomous Data Warehouseの外で展開、管理できるようになり、コグニティブテキスト解析も呼び出せる。

Property Graphのサポート

 グラフはエンティティー間の関係のモデリングや解析に役立つという(SNSグラフなど)。データ・ウェアハウス内でグラフを作成し、PGQL(property graph query language)を使用してグラフクエリを実行し、60以上のインメモリ・グラフ解析アルゴリズムによりグラフを解析できるようになる。

Graph Studio UI

 プロパティグラフ機能に追加されるGraph Studioにより、初心者でもグラフ解析を行うことができるとしている。これには様々な用途に対応するグラフモデル作成の自動化、ノートブック、統合された視覚的表示、あらかじめ内蔵されたワークフローなどが含まれる。

データ・レイクへのシームレスなアクセス

 以下の3つの新しいデータ・レイク機能により「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)Object Storage」および一般的なクラウド・オブジェクト・ストアのデータに対するクエリ機能を拡張する。

  • 「Oracle Big Data Service(Hadoop)」のデータを簡単にクエリできる機能
  • 「OCI Data Catalog」との統合によるオブジェクト・ストレージでのデータ・ディスカバリーの簡素化と自動化
  • オブジェクト・ストレージの大規模データ・セットに対するクエリを高速化するスケールアウト処理

【関連記事】
日本はロボット・AIに高い信頼を寄せる【日本オラクル 財務とAIに関わる調査】
日本では55%が財務担当者の役割をAIが担うと回答【オラクル調査結果】
日本オラクル、NTT西日本「地域創生クラウド」活用推進を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14115 2021/03/18 13:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング