SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

出光興産とアクセンチュア、輸送管理基盤の運用開始で燃料輸送の業務変革を目指す

 出光興産は、アクセンチュアと協力して、燃料輸送の業務変革に向けた輸送管理プラットフォームを新たに構築し、運用を開始したことを発表した。

 新プラットフォームは、燃料油の陸上輸送に関して、出光興産、運送会社、全国約6,400ヵ所のSSなどにまたがる受注から荷卸しまでのあらゆるデータを、クラウド上でリアルタイムに一元管理し、分析を可能にするものだという。蓄積されるデータには、配車計画や関係者との連携状況、SSへの配送状況、荷積・荷卸実績のほか、タンクローリー約900台に搭載されたタブレット端末からリアルタイムに収集される車両の位置情報、作業状況などが含まれるとしている。

 これにより出光興産は、輸送状況の可視化や、受注・配送業務のデジタル化だけでなく、データに基づいた最適な配車計画の策定など、これまで難しかったリアルタイムなデータに基づく輸送計画の精緻化、および輸送オペレーションの効率化を図ることが可能になったという。また、配送経路の最適化は、二酸化炭素の排出削減にもつながる。

 さらに、出光興産だけでなく燃料油物流に関わるすべての関係者が、瞬時に必要な情報へアクセスしたり、よりきめ細やかに情報を共有したりすることが可能になることから、関係者との連携・協働を推進し、出光興産と物流関係者双方の課題解決に貢献できるという。

輸送管理プラットフォームの画面
輸送管理プラットフォームの画面
[画像クリックで拡大]

 このほか、タンクローリーに搭載されたタブレット端末には、乗務員が直感的な操作で業務内容や注意事項の確認、輸送状況の報告などを行うことができるアプリがインストールされている。これにより、これまで以上に安全かつ効率的な輸送業務が実現できるとしている。

タンクローリー乗務員用のアプリの画面
タンクローリー乗務員用のアプリの画面
[画像クリックで拡大]

 アクセンチュアは、新プラットフォームに関する構想から、Salesforceを活用したプラットフォームの設計・開発、既存システムとの連携を含む導入に至るまでを全面的に支援した。また、タンクローリー乗務員用のアプリの開発にあたり、乗務員に対する実態調査を踏まえ、一連の業務シナリオに沿った設計、直感的な操作を可能にするUI(ユーザーインターフェイス)のデザインおよび開発を支援したという。

 出光興産 流通業務部長 寺崎与志樹氏は、「2022年度までの中期経営計画において、デジタル変革の加速を重点課題の一つとして掲げています。デジタル技術を駆使した本プラットフォームは、燃料油の陸上輸送に関わるすべての方とのさらなる連携を可能にするとともに、安全・安定・効率が求められる輸送管理業務に新たな価値を生み出し、変革を加速させる上で重要な役割を担うものです。デジタル並びにエネルギー業界に精通したアクセンチュアの協力があったからこそ構築できたものと確信しています。出光興産は、今後もアクセンチュアと協力し、本プラットフォームの強化や拡張を進め、さらなる価値の創造に挑戦します」と述べている。

【関連記事】
アクセンチュア、2021年のテクノロジートレンドに関する調査結果を発表
【アクセンチュア調査】CFOはデータを活用し事業判断への介入度を増やすべき
アクセンチュア、資生堂グループ全体のDX支援パートナーに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14128 2021/03/19 14:52

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング