EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デロイト トーマツ、DX税制の適用支援チームを立ち上げ

  2021/03/24 15:45

 デロイト トーマツ グループは、令和3年度税制改正に盛り込まれた「DX(デジタルトランスフォーメーション)投資促進税制(以下、DX税制)」の適用を支援する専門家チームを立ち上げた。

 DX税制は、企業の事業変革に向けたデジタル投資を促進することを目的とし、全社レベルの事業計画をベースにその実行にともなうデジタル化に関連した費用に適用される優遇税制で、主にクラウド技術を活用したデジタル関連投資を対象としている。DX税制によってレガシーシステムからの脱却やデータ連携等が進み、企業のデジタル変革が加速すると期待されており、「産業競争力強化法等の一部を改正する等の法律」の施行日(2021年4月予定)から運用が開始され、2023年3月末が適用期限だという。

 一連の手続きには、デジタルガバナンス、サイバーセキュリティ、税務といった様々な専門領域の深い知見が必要であることに加え、優遇税制適用までの期間は数か月におよぶとみられており、限られた税制措置期間のなかでの手続きが求められている。このためデロイト トーマツは、DX税制適用までワンストップでの支援を可能とする専門家チームを立ち上げたという。同チームはデジタルガバナンス、サイバーセキュリティ、税務などの各領域から約30人の専門家によって構成されるとしている。

 また、DX税制やデジタルガバナンス・コードの趣旨に鑑み、従来のITガバナンスが目指した情報システムの安定稼働のためのリスク管理のみならず、デジタルを活用したビジネスモデル変革による価値創造を目的として、その実現を支えるガバナンスの仕組みの構築支援を提供していくという。

DX税制適用支援サービス概要

STEP 0:DX認定取得(約3~4ヵ月)
  • デジタルガバナンス、サイバーセキュリティの見地から、DX認定の要件を満たすために必要な事項の検討、助言、並びにDX認定申請書類記載の内容に係る助言
STEP 1:事業適応計画の作成(約1~2ヵ月)
  • 企業とのディスカッション、関係当局との確認を踏まえ、当該企業における適用領域、変革要件の明確化、および事業適応計画のドラフト作成に係る助言
STEP 2:関係当局への事前相談・計画認定申請(約1~2ヵ月)
  • 関係当局と事業適応計画に関する事前相談を行ったうえで、企業とのディスカッションを実施
  • 税務の専門領域の観点から、影響金額のシミュレーション、計画認定の申請に係る助言
STEP 3:計画認定後~DX投資促進税制の適用
  • 企業からの相談内容に基づき、関係当局への確認対応

 デロイト トーマツ グループは、DX税制において税務に加え、デジタルガバナンス、サイバーセキュリティの専門性をつなげ、優遇税制適用とデジタル技術を活用した価値創造の支援をワンストップで提供するとしている。

【関連記事】
HPEとRed Hat、デロイトトーマツがデジタル変革支援で協業
デロイト トーマツとZuora、サブスクリプションビジネスでの協業を強化
大企業におけるDX推進の遅れが浮き彫りに デロイト トーマツ ベンチャーサポートが調査結果を発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5