EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立とJR九州、AIを活用した運転整理自動化を目指す

  2021/03/25 14:47

 九州旅客鉄道(以下、JR九州)と日立製作所(以下、日立)は、AIを活用した運転整理業務(以下、運転整理)の自動化共同プロジェクトを2021年1月に立ち上げており、4月から実フィールドでの有効性検証に取り組むことを発表した。

 JR九州は、中期経営計画(2019-2021)において、将来に向けた鉄道事業の挑戦として「運行管理のAI化」を掲げ、運行管理業務におけるノウハウやスキルの継承、自動化によるサービスの向上を実現する施策を検討しているという。現在、災害等により列車の運行状況に乱れが生じた際には、輸送指令員の手動による列車の運転整理が必要となり、運転再開までに多くの時間を要す場合があるとしている。

 今回、日立が開発した本技術にJR九州のフィールドデータを組み込むと同時に、JR九州が保有する知見やノウハウなどを活用したAI学習モデルの検証に取り組む。運転整理自動化の実現により、輸送指令員の業務効率化や運転再開までの時間短縮によるサービスの向上を目指すという。

 過去に輸送指令員が行った運転整理をAIが学習することにより、列車ダイヤ乱れ時における熟練者と同等の運転整理の実現や、人手では困難な複合的な要因を踏まえたダイヤ変更案作成の高速化などに関する有効性を検証。これにより、本技術の更なる精度向上や輸送指令員の業務の効率化を目指すとしている。

[画像クリックで拡大]

【関連記事】
日立ソリューションズ、東京エレクトロンのフィールドサービス業務管理システムを構築
日立、東京駅直結の新拠点開設でイノベーション創出を目指す
日立システムズ、芝パークホテルの業務効率化をRPAで支援

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5