SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

住友化学とアクセンチュア、「SUMIKA DX ACCENT」設立でDX推進へ

 住友化学とアクセンチュアは、人工知能(AI)やアナリティクスなどの先端テクノロジーを活用して、住友化学グループの業務改革や新規事業創出を担う合弁会社「SUMIKA DX ACCENT(スミカ ディーエックス アクセント)」を設立し、4月1日から事業を開始したことを発表した。

 SUMIKA DX ACCENTは、住友化学が80%、アクセンチュアが20%をそれぞれ出資し、住友化学の連結子会社として3月1日に設立されている。同社は、アクセンチュアが有するテクノロジーの知見や、国内外の化学業界における変革支援の実績を活用し、住友化学グループが目指す持続的な成長とサステナブルな社会の実現に向けて、テクノロジー活用による業務改革や新規事業の創出を推進するという。

 たとえば、AI、データアナリティクス、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)などの活用によるサプライチェーン最適化や業務の自動化・効率化、顧客ニーズに合わせたよりきめ細やかなサービスの提供などを推進するとしている。

 このほか、アクセンチュアはSUMIKA DX ACCENTに対して、テクノロジーや業務改革などに関する実践形式のトレーニングプログラムを提供し、デジタル時代に即したスキルを持つ人材の育成も継続的に支援するという。

 アクセンチュア 執行役員 素材・エネルギー本部 統括本部長 竹井理文氏は、「デジタル革新を成功に導くためには、新たなテクノロジーを取り入れるだけでなく、テクノロジー活用を前提としてビジネスや業務を再構築し、変革を推進するデジタル人材や組織を強化することが肝要となります。アクセンチュアが擁する専門家の創意工夫とテクノロジーを駆使することで、SUMIKA DX ACCENTが住友化学グループのデジタル革新を加速させるエンジンとなり、さらなる成長を支えられるよう邁進してまいります」と述べている。

【関連記事】
出光興産とアクセンチュア、輸送管理基盤の運用開始で燃料輸送の業務変革を目指す
アクセンチュア、2021年のテクノロジートレンドに関する調査結果を発表
【アクセンチュア調査】CFOはデータを活用し事業判断への介入度を増やすべき

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14207 2021/04/01 13:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング