EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECと森ビル、デジタルプラットフォームを通じた「都市のDX」を推進

  2021/04/03 05:00

 NECは、森ビルが管理・運営する複数の「街(ヒルズ)」において、居住者、ワーカー、来街者などの街の利用者に関連するデータ基盤の整備とその利活用を通じた、新たな価値創出に取り組むことを発表した。

 本取り組みでは、「NEC Smart Connectivity」により、利用者一人ひとりに最適化された情報発信やサービスの提供を実現し、森ビルが目指す「より便利で、より豊かな都市生活・顧客体験の提供」に貢献するとしている。

 森ビルは、街の利用に関わるデータや、街の中の様々な施設で得られるデータを統合・分析し、豊かな都市生活・顧客体験につなげるための都市のデジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を開発し、4月5日からサービスを開始するという。

 利用者ごとに最適なサービスの提供、利用者の体験価値の向上、街情報の見える化・マッチングによるコミュニティの活性化、施設運営の最適化といった新たな価値を創出していくことで、従来以上にシームレスな都市生活(ヒルズライフ)の実現を目指すとしている。

 このヒルズネットワークにおいて、NEC Smart Connectivityを採用。IDを軸に集積したデータを活用することで、個人の属性に合わせたサービスの最適化を実現するという。

ヒルズネットワークにおけるNEC Smart Connectivity活用のイメージ
ヒルズネットワークにおけるNEC Smart Connectivity活用のイメージ
[画像クリックで拡大]

 今回、本サービスと森ビルの「ヒルズID」が連携することで、利用者は、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、アークヒルズなど、森ビルが管理・運営する複数の街(ヒルズ)における様々なサービスをオンライン上で完結させることが可能となるほか、利用者の属性、街・施設の利用履歴、位置情報などのデータに基づいて、利用者一人ひとりに最適化された街の情報を受け取れるとしている。

【関連記事】
NEC、デジタル庁など官公庁向けに行政DXの専門組織を設立
NEC、東北大学の窓口業務をAIチャットボットでデジタル化
NEC、ホテル業界向けのダイナミックプライシングサービスを提供へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5