SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アドビ代表取締役社長に神谷知信氏が就任、クラウドビジネスやOEM事業を強化へ

 アドビは、4月12日付けで、神谷知信氏が代表取締役社長に就任したことを発表した。これにともない、これまで代表取締役社長を務めていたジェームズ マクリディ氏は退任した。

 神谷氏はこれまで、アドビのデジタルメディア事業統括本部バイスプレジデントとして、Creative CloudおよびDocument Cloudからなるデジタルメディア事業の製品および販売戦略を含む事業全体を統括していたという。今後はデジタルメディア事業に加え、アドビのデジタルエクスペリエンス事業を含めたすべての国内のビジネスおよび組織を統括するとしている。これにより、アドビが提供するExperience Cloud、Creative Cloud、Document Cloudの3つのクラウドビジネスの包括的な推進、加えてOEM事業をさらに強化していくという。

 神谷氏は代表取締役社長就任にあたり、「日本は現在、少子化、国際競争力の低下、AI化に加え、長期化する新型コロナウイルスの影響により、まさに大きな変革期を迎えています。アドビはこのような時代を支えるデジタルトランスフォーメーションのリーダー企業として、社会そしてコミュニティに大きな貢献ができると確信しています。さらに、アドビのビジネスの核ともいえる『クリエイティビティ(創造性)』は、これからの日本にとって重要な役割を担えると考えています。今後ともアドビ社員がチーム一丸となって、日本のお客様に優れたサービスとソリューションを提供することで、さらなるビジネスの成長を推し進めてまいります」と述べている。

【関連記事】
アドビ、2021年度の財務目標を上方修正【第1四半期 業績】
アドビ、大日本印刷と業務効率化支援サービス開発で協業
アドビ、世界で6つ目となるAEMの国内データセンターを開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14256 2021/04/12 12:38

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング