EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アドビ代表取締役社長に神谷知信氏が就任、クラウドビジネスやOEM事業を強化へ

  2021/04/12 12:38

 アドビは、4月12日付けで、神谷知信氏が代表取締役社長に就任したことを発表した。これにともない、これまで代表取締役社長を務めていたジェームズ マクリディ氏は退任した。

 神谷氏はこれまで、アドビのデジタルメディア事業統括本部バイスプレジデントとして、Creative CloudおよびDocument Cloudからなるデジタルメディア事業の製品および販売戦略を含む事業全体を統括していたという。今後はデジタルメディア事業に加え、アドビのデジタルエクスペリエンス事業を含めたすべての国内のビジネスおよび組織を統括するとしている。これにより、アドビが提供するExperience Cloud、Creative Cloud、Document Cloudの3つのクラウドビジネスの包括的な推進、加えてOEM事業をさらに強化していくという。

 神谷氏は代表取締役社長就任にあたり、「日本は現在、少子化、国際競争力の低下、AI化に加え、長期化する新型コロナウイルスの影響により、まさに大きな変革期を迎えています。アドビはこのような時代を支えるデジタルトランスフォーメーションのリーダー企業として、社会そしてコミュニティに大きな貢献ができると確信しています。さらに、アドビのビジネスの核ともいえる『クリエイティビティ(創造性)』は、これからの日本にとって重要な役割を担えると考えています。今後ともアドビ社員がチーム一丸となって、日本のお客様に優れたサービスとソリューションを提供することで、さらなるビジネスの成長を推し進めてまいります」と述べている。

【関連記事】
アドビ、2021年度の財務目標を上方修正【第1四半期 業績】
アドビ、大日本印刷と業務効率化支援サービス開発で協業
アドビ、世界で6つ目となるAEMの国内データセンターを開設

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5